残高があるカード/コインの、遊技中の窃盗事例について-回答

今回は、同業の若手社員の方からのご相談にお応えします。

 

サボテンダー さんからのご相談

楽太郎様

はじめまして。

 

いきなりで申し訳ないですが、一つ相談させて頂きたいことがありご連絡差し上げました。

 

私は●●県(九州エリア)の中小店舗で主任をしております。

 

事務室に出入りが許可されて半年くらいたつ身なのですが、監視カメラの記録映像をみれるようになり気付いたことがあります。

 

それは、巡回しているときよりも営業の事が客観的にみれるようになった結果、今まで自分がホールでみてきたよりも実は不正行為はもっと沢山起こっているのだということです。

 

巡回している時ももちろん緊張感を持って接客などしていますが、巡回要員としての業務はドル箱の上げ下げやジェット(注:計数)対応が主なため、どうしてもスタッフの目を盗んで悪事をはたらいている輩などに迅速に気付いたりできない場面も多々ありました。

 

それが、カメラを見れる立場になり、巡回や監視の精度が少し上がったように思います。

 

その中で、最近一つ思うことがあるのです。

 

置き引きや、残高があるICコインの窃盗、こういった犯罪の記録映像を店内に張り出して注意を促した方が良いのではということです。

 

今のうちの店では、そうゆうことはしておらず、上司に提案しましても「店長はそうゆう掲示物を貼るのが好きではない」の一点張りです。

 

そうこうしているうちに、つい先週また残高コインの窃盗がありました。

 

写真を見ていただくとおわかり頂けるように、演出に没頭しているお客様の台に手を伸ばし、「返却」ボタンを押して残高コインを抜き取っています。

 

(注:監視カメラの記録画像を2点添付して頂きましたが、店舗や人物が特定されないように加工するのが困難なため、ここでは「手元」の部分だけ紹介します)

残高コイン抜き取り現場

残高コイン抜き取り現場

※Yシャツを腕まくりしている遊技客が、チャンスボタンを連打して盤面/液晶画面に見入っている最中に、右側から接近した者が手を伸ばし、「返却」ボタンを押している。

※別画像では、その後、遊技客の左側の席に座って遊技開始する素振りを見せつつ、先ほど排出した残高コインを抜き取る様子が写っている。

 

 

私はやはり、このような出来事があれば案内スペースに掲示するなどすべきだと思うのですが、それもままならないため楽太郎様のブログで是非ユーザーの方々に注意を促して頂きたいのです。

 

うちの店では、自分たちの監視が行き届いていないせいもあるでしょうが、残高コインの抜き取りが最近1年くらいで5~6件くらいあります。

 

嫌な思いをするお客様が一人でも減るようにどうかよろしくお願いします。

________

ここまでが、サボテンダー さんからのご相談です。

 

回答

<残高があるカード/コインの窃盗について>

まず、今回ご相談の「カード/コインの抜き取り」について、これは昔からあるにはあったのですが、近年増えているな、という実感は私自身あります。

 

その事情を敢えて分析すれば、パチンコ遊技台枠/スロット筐体の形状の変化が第一に挙げられるかと思います。

 

パチンコを見れば、15年ほど前までであれば、パチンコの遊技台というものは平べったい造りが主流であり、2枚入れの共通ガラス枠(金枠/銀縁枠などとも呼びました)の時代は特にそうでした。

 

それが、近年では、出っ張った形状のものが主流になっているのは、サボテンダー さんも日々目にしている通りです。

 

これは、出っ張り形状によってスピーカーからの音声、大型液晶による映像などの演出全般に対して没入するような効果を期待してメーカー側が設計しているのかも知れませんし、牙狼のように二次元ではもはや表現し切れないものを立体物で、という考え方なのかも知れません。

 

いずれにしても、十数年前と違ってこういった形状に変化している事により、それが故に遊技客が夢中になっている隙を見て、悪意を持った輩がそっと手を伸ばして来て、残高があるカード/コインを抜き取って持ち去ってしまう、という事犯が増加しているものと推察します。

 

或いは、特に遊技台枠の右側が出っ張っているものが多いため、上皿の右側に配置されやすい「貸出」、「返却」ボタンを右側からこっそり手を伸ばされて押されてしまっても、遊技客本人は気付きにくい、という場面もあるかも知れません。

 

特に、年配の方などは、そういった危険がありそうです。

 

<窃盗犯の写真掲示について>

次に、サボテンダー さんがご指摘のように、明らかに犯罪な訳だから店内に掲示して注意喚起するべきだ、という事についてお話しします。

 

店長さんの方針で、現状ではそのような措置をとってはいない、という事ですが、その理由としては

 

  • 仮に、店側の勘違いであった際に面倒な事に発展するため、掲示には慎重なスタンスである
  • ~禁止、~は犯罪、といった物騒な掲示物を貼り出すとイメージが悪くなると考えている
  • 被害届が出て初めて事件として扱われるため、店側が被害者を差し置いて行動する事は避けたいと思っている

 

・・・大体は、こういった理由があるのものと推察します。

 

店長さんは、多くのお客さんが出入りする営業店舗の施設管理責任者な訳ですから、なるべく慎重でありたいという気持ちは、私としても理解できます。

 

その一方で、私自身若手時代はサボテンダー さんのように、もっとこうした方が自店のため、お客さん方のためになるのに、なぜそうしないんだ、という気持ちは常に持ちながら勤務していたので、その気持ちも分かるつもりです。

 

<今の立場でできる事を精一杯>

ただ、どのような理由があるにせよ、サボテンダー さんのお店では現に残高コインの抜き取りが複数回発生している訳です。

 

おそらくは、盗られた本人は、別に被害届を出さなくてもいいや、と諦めたり、或いはホロ酔いで打っていた会社員のお父さんや年配の方であれば、ひょっとしたら盗られた事に気付いてさえもいないで退店してしまう場合もあるかと思います。

 

サボテンダー さんは主任という立場で事務室に出入りが許されている訳ですから、ホールスタッフと役職者、お客さんとお店、ホール内と事務室、この双方を繋ぐ役割が期待されているとも言えます。

 

なので、ご自身が仰るようにこれまで培った巡回目線に、新たに得た監視目線を加えてより精度が高い勤務ができるように努めて頂きたいと思います。

 

各台計数ではなく玉積みでの営業スタイルのお店のようですから、持ち玉遊技中なのにICユニットサンドに残高があるコインを入れたままにしているお客さんには、「窃盗の事例もありますので、ご面倒でもコインはお仕舞い頂いた方が無難です」などの声掛けなども有効かと思います。

 

或いは、景品カウンタースタッフに随時注意喚起のマイク案内を依頼したり、案内スペースに「置き引きや残高コインの抜き取りなどにご注意下さい」程度の掲示であれば店長さんも許可して下さるかと思います。

※近年、警察庁は、業界に対して「置き引き被害などが多い業種」として、行政講話で注意を促しています。

 

最後になりますが、やはり私としては、主任という今のポジションからどんどんステップアップして頂き、サボテンダー さんご自身がそういったお店の運営方針などに口を出したり、或いは最終決定できる役職に就いて頂きたいと思います。

 

お問い合わせの最後にお書き頂いた

 

「嫌な思いをするお客様が一人でも減るようにどうかよろしくお願いします」

 

というお言葉ですが、このような正義感というか高い仕事意識をもった若手の同業の方からのご連絡を頂き、私は今回、とても嬉しい気持ちにさせて頂きました。

 

 

以上、お役に立てるかどうかは分かりませんが、

 

遊技中の、残高があるカード/コインの窃盗事例

 

これについて、注意喚起させて頂きました。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 
「見込みがある若手社員だぜ!」という方は、そっと押して下さい↓

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2017年6月9日

コメント
  1. 自分が勤務していたときもカード盗、財布盗 在りましたね
    お客様の自己責任の部分も大きいですよ。
    抜き忘れて席を立つ。スロット台の上に財布を置く。
    自分の大事なモノ位自分の責任で管理しなさい。と幾度となく心に思いましたね。
    盗られたのは店の責任だと捲し立てたり。
    全お客様の財布の面倒など見てられません。
    入金後のカードってお金の意識が薄まるのでしょうね。
    もっと一般のお客様!意識を高く持ってください。(此処の住人の方々は大丈夫だと信じて)

    • ポテトサラダ さん

      失礼な言い方かも知れませんが、遊技の先に儲けを考えて来店しているのにお財布を盗られてしまうのは本末転倒であり、やはりご自身でちゃんと管理して頂かないといけませんよね。

      多くの場合は、なんで監視していないんだ、とお店側に責任追及する方が多い訳で。。。

  2. 原因はどうあれ盗まれたら確実にその店には行かなくなりますね。そして対処もしないようなら周りに有ること有ること吹聴する。

    • ゴンザレス さん

      盗難とはいうものの、実際には玉箱の中やトイレの個室内に「置き忘れた」結果の置き引き、というパターンが多いですね。

  3. 自分もよく置き忘れしてしまうので偉そうなことはいえませんが
    全てを自己責任ってだけですませるのはサービス業としての
    向上がないのでは?って思っちゃいます^^;
    例えばカード追跡システムとかを導入するとか(本当はあるの
    でしょうがインターフェース操作が面倒臭いんでしょうね)
    メーカー側も特別に外部入力から警告を出せる信号を受取る
    仕組みをつくるとか(遊戯中にカード抜いたら液晶に告知する)
    こういった改善案とか導入してもらえると安心できるんですけどね。

  4. かっちさんへ

    あくまでも心のなかで。お客様の前では口に出しませんよ。
    システムでちゃんと追跡できますよ。(事務所の操作のみ。カードの使用制限などもできます。)
    追跡できますけど、盗られたお客様が気づく前には精算、交換されてしまうことがほとんど。
    盗った方もリスクを減らすためにその場を去りたいですから。
    自分が過去に勤務していたホールはマース製のパーソナルシステムサンドでした。
    表示部分にメッセージが流せるのでとにかく管理メッセージを流して注意喚起してはいましたね。
    あまり大々的にPOPによる告知は嫌うとおもいます。
    盗難注意ばかりのホールだったらこの店大丈夫?って思いませんか?
    やはり大事なお金です。まずは自己防衛を。

    • かっち さん&ポテトサラダ さん

      お店側の対処事情としては、ポテトサラダ さんが書いて下さった通りですね。

      盗難に遭って不快に思いながら退店する方を無くしたい、という思いで色々とアナウンスをしてはいますが、やはり遊技に夢中になるあまりそういったマイク案内や掲示物には注意が行かず、またそっと手を伸ばされて何か盗られても気付かない、という方も多いのが実情ですかね。。。

      メーカー側も、もっと対策強化を、というのはご尤もだと思います。

コメントを残す