アンケートにご協力頂き、ありがとうございました-不公正販売に関して

前記事の「メーカーによる不公正販売の事例」については、今後頻度を上げてご紹介するか否かの問いかけに応えて頂きありがとうございました。

 

実情を知りたい、という方が多かった

記事公開から30時間ちょっとで、約170名の読者の皆さんからボタンを押して頂き、それによって私としては、不公正販売の話題については需要があるものと判断しました。

 

よって、お約束通り、今後は、

 

・話題作の販売時に、妙なセールスを掛けられた事例が多いもの

・全日遊連がデータとして持っている「不公正販売」事例の中から、特に悪質だと判断されるもの

 

こういった事例について、例えば十数年来の付き合いがある知人店長や部長クラス=つまり、実際に遊技機選定をしている方に、「私のところは、こんな感じの条件提示でしたが、そちらではどうでしたか?」的に状況を聞いたり、或いは最近はTwitterなどでも同業の方と交流する機会も増えているのである程度勝手に情報は集まって来ると思うので、こういった情報を集めて記事にして行く予定です。

 

直近の予定

さしあたっては、情報が入った時点で既に記事にしていましたが、大都がかなりのロングスパンで、機歴を匂わせるセールスを行っているので、近いうちにそれをご紹介したいと思います。

 

【参考】2016年8月1日公開

『大都の新台は全部機歴販売の可能性-3×3EYES→12月シェイク→来年2月番長』

 

7月初旬に情報が入って、現時点では12月。

ほぼ、最初の情報通りに事が動いています。

 

よって、大都としては、

 

・秘宝伝が不評だったので、手持ちの最強コンテンツ番長の新作の販売では絶対にコケられない

 

・仮にコケたとしても、年単位で事業を支えられるような台数を販売して体力を付けておきたい

 

・現状では一般的な新台なら2万台完売すれば良い方だが、まどかマギカやバジリスク、北斗などの超BIGコンテンツは4万台以上の実績がある。つまり、自社の番長は超BIGコンテンツなので、それらと同等かそれ以上の台数を捌きたい

 

こういった事情が絡んだ結果、ありとあらゆる手持ちの機種を機歴にして、約半年計画で事を進めていると言って良いかと思います。

 

お断り

以上、ざっと、このような予定で進めて行きたいと思います。

 

ただし、ホールは常に苛められていて、メーカーは全部悪、といった前提で記事を書くつもりはありません。

 

あくまでも、このような事例がある、全国各地の店長さんから全日遊連にこのような情報が寄せられている、といった事実を読者の皆さんの目に留まるようにして、ではその是非はどうなんだという事に関しては、読者の皆さんのご判断に委ねたいと思います。

 

「こんな条件じゃ、小規模店舗だと付き合うのは大変そうだな」

 

「かといって、買わなかった場合は話題の新台が自店にだけ無い事になり、同エリアではどこもかしこも導入している・・・短期的には集客に大きな差が出そうだ」

 

「BIGコンテンツ機を買うために、こんなク●台を掴まされているのか」

 

「大手ホール企業にはほぼ条件なしで売るのに、中小ホール企業には条件を付けてくる・・・過度なお得意様営業じゃないか」

 

「自分は別の製造/販売業種だけど、仮に自分がこんなセールスをしたら首が飛ぶな」

 

「いや、メーカーにはメーカーの事情がある。条件に付き合えないなら、単に買わなきゃいいだけ。文句ばかり言うのは弱者の都合に過ぎない」

 

・・・こういった具合に、色んな印象というか、ご意見が出てくるものと見通します。

 

それでは、今後の記事公開を楽しみにお待ち下さい。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「適当に名がある機種なら、全部不公正販売に引っ掛かるような売り方をしているんじゃ・・・」、という方は、そっと押して下さい。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメント
  1. この問題の根っこは、機歴による販売に名を連ねているク〇台がホールにとって全く利益に貢献しない台と言う事ですよね。
    機歴だろうが何だろうが貢献してくれれば不満も無い訳ですから。
    最近の台は見るからに開発費も高騰してそうで、全ての台で高いクオリティを目指すのも難しいのかもしれませんが。

    • テツ さん

      私に関して言えば、最近ではデッドオアアライブは設定2と4の打ち変え、BLOODに設定2を入れて放置した結果、適当に稼動して適当な粗利を残せたので、まあ延命はできたかなといった感じです。

      クランキーは、設定1と5の打ち変えですね。
      BB回数が45回前後まで伸びてデータランプ上の見栄えも良くなり、なんとか延命できています。

      抱き合わせ感が強い機種でも、活用するために努力はします。
      それが仕事ですからね。

      • その2機種でそれは、きっと楽太郎さんの手腕によるところが大きいですね。
        自分の近場のホールではまともに稼働が取れているとは思えない状況の2機種なので(;^_^A。
        確かに抱き合わせ感が強い機種でも、ユーザー視点でも「意外に面白いな」という台もあり、その辺は店の扱い方ひとつでどうとでもと言う場合も多いのかもしれません。
        その代わり抱き合わせに付き合ってまで買った本命台が散々ということも・・。

        • テツ さん

          私の手腕というよりは、会社が要求する営業数字が他社よりはおそらくかなり低いので、色々と試すだけの余裕があるだけです。
          パチンコに関しても同様で、以前新基準機の釘調整の事について記事にした時に、同業の若手管理職という方からメールでお問い合わせを頂き「ウチではボーダーマイナス2~3回転の水準で叩く事なんて考えられない」との事でした。

          まあ、地代家賃がどうとか、そこらへんがかなり大きいですね、
          都市部だと、大きな駅の前なら手狭な1フロアでも1ヶ月400~500万円はしますし、300~500台規模のお店なら駅から離れていても最低でも1000万円級です。

          それが自社ビルなら、と考えれば、どれだけ余裕があるかはイメージできるかと思います。

  2. 個人的には、とても知りたいですが、メーカー側から訴訟をちらつかせるような脅しがきませんかね?

    • ゴンザレス さん

      私のでっち上げではなく、あくまでも全日遊連に所定の手続きで事例提供された事がある機種について話題にするので、メーカーも負い目があるかと思います。
      いかにセールスが統率されていないか、落ち度があるのはメーカー側ですからね。

  3. 私もいつでもご協力致しますので
    お声掛け下さい(^ω^)
    小規模店とも
    チェーン店とも
    違う売り方をメーカーはしてきますので
    今後ともよろしくです

    • 店長兼コンサルH さん

      Twitterでのお付き合い、いつもありがとうございます。

      売り方を統一すれば、それこそwebで販売条件を提示してそこで受発注できるシステム構築も可能なのに、なぜしないか?
      敢えて人件費を掛けて(今や釘も叩けない)営業マンを雇用しておく意味はどこにあるのか?

      堂々と販売条件を提示しない事には理由があるというやつですね。

      情報提供をお願いする場面もあると思います。
      今後とも、よろしくお願いしますm(_)m

  4. ちょっと話ズレちゃいますが、アステカのプロジェクションマッピング筐体なんかも「最初に買えば以降安く入替出来る」みたいな触れ込み有ったかと思いますが、その後同筐体の機種がない様な…

    • シビ さん

      新技術で作ってみたから、ほら!買え!
      今後は、こういうのがスタンダードになるぞ~
      次回作に、乞うご期待!

      もちろん、その後の販売予定は立っていません。。。

楽太郎 にコメントする コメントをキャンセル