「不正」遊技機の撤去も大詰め-業界の一大事にも、一部メーカーによる不公正販売が横行している

このブログでは、たまたま開設した時期が、検定時と異なる釘の状態で販売された可能性がある遊技機=「不正」遊技機の撤去問題が浮上してきた時期と重なった事もあり、これまで頻繁に話題にして参りました。

 

悪い予感は、やはり当たる

楽太郎としては、過去記事の中で、

 

・ホール側には、今回の撤去問題で相当な入替えに伴う負担が発生するが、メーカー側はほとんど分担する気はない

 

・この問題が期限内に、かつ逸脱する店舗が出て来ないように完遂するには、高額な機械代(当時39万円水準)がネックになる。しかし、メーカー側が機械代を下げて撤去推進に協力する可能性は極めて低い

 

・一部のメーカーは、減少傾向にあるホール店舗数の状況を見て、販売単価を上げて利益水準を維持しようと試みる可能性がある

 

・一部のメーカーは、従来通りの不公正販売を継続する可能性がある

 

このような事を、その都度書いて参りました。

 

その後、パチンコ機に関しては、長らく暗黙の了解的に意識されてきた40万円の壁を破り、43万円水準での販売が目立つようになりました。

 

また、一部メーカーは、複数機種の継続しての購入実績があれば次機種を割り引いたり、たった1~3万円程度の下取り価格の提示で、さも撤去問題に全面協力しているというポーズをとり、全国のホール関係者の非難を浴びたのは、読者の皆さんもご存知かと思います。

 

下取り価格を従来よりは上げても、それと同等かそれ以上の値上げを実施している訳ですから、誰が見てもメーカー側の懐は痛んでいない事が分かるかと思います。

 

こういった流れになる事は、適当なキャリアがあるホール関係者であれば、ほぼ全員が読めていた事です。

 

また、業界が窮地の時に、相も変わらず自分都合の価格設定や不公正な販売条件の提示を続けるのであれば、例えば牙狼金色が出てきた時のようにホール間に不公平感が充満し、全日遊連がメーカー団体に対してクレームを付ける可能性もあるだろうと考えていました。

 

しかし、取り締まり行政や世間一般に対しては、業界一丸となって撤去を完遂するという体で臨んでいる案件な訳ですから、いくらメーカーの姿勢に納得感が無くても、全日遊連の上層部は、そこまで強硬な姿勢で臨む事はできなかったという、苦しい事情があったものと推察します。

 

「撤去問題」の最中に・・・

メーカーの営業本部が、各エリアの営業所や営業マン個人に対して「A機種とB機種は、抱き合わせで条件提示しろ」などと具体的な指示を出したり、ましてや書面通知するといった事は、私としては無いものと考えています。

 

しかし、実際には、エリアによって「営業マンから、このような条件を提示された」、「いや、こっちのエリアでは、全く違う条件だった」、などといった具合に、全国のホール店長からの声が、数多く全日遊連に寄せられます。

 

北斗やヱヴァなどと言った、主要機種の販売に際しては、尚更です。

 

では、「不正」遊技機の撤去問題が、年内の決着を目指して動き出した2016年6月以降、メーカーの動きはどのようなものだったか?

 

価格面でホール側が不満感を持っている事に関しては既に触れたので、以下では販売条件についてはどうだったのかについて書きます。

 

結論から書くと、業界の一大事の時にも、一部メーカーによる不公正販売は、たしかに存在していました。

 

これから、その裏付け的な資料をご紹介していきます。

 

不公正販売があったことの裏付け①

まず第一に、これは既に過去記事でご紹介していますが、メーカー団体のひとつである日工組が各組合員(個別メーカー)に対して出した注意喚起書面がある事、これをもって2016年6月以降にも不公正販売があったものと見做せるかと思います。

 

【参考】2016年9月22日公開

『茶番劇-メーカー団体の日工組が各組合員(メーカー)に「不適切な販売方法はダメ」と注意』

 

全日遊連から正式なクレームが入ったのか、それとも言われる前に「ちゃんとやってます」的なポーズのために手前味噌の通知を出したのかは不明ですが、いずれにしても、メーカー側としては、このような状況下でも不公正販売がありうる事を自覚していたと言って良いでしょう。

 

不公正販売があったことの裏付け②

ここからは、別の資料をご紹介しながら解説させて頂きます。

 

まずは、こちらをご覧下さい↓

不適切な販売方法について

「独占禁止法等に抵触する」云々の文言があり、一応の自覚はある事が窺える。

 

ちなみに、上記の書面通知で触れている、平成21年1月28日付の4団体による合意書が、これです↓

H.21年合意書

当時の、先代原田理事長は大規模チェーン店舗の経営者ではない。
それだけに、こういった案件における発言には、真実味なり説得力があった。

 

過去に「やめようね」と合意したにも関わらず、今回新たに「遊技機の販売方法に関して不適切と思われる事例が散見されている」といった通知が出てしまう、それも、世間や国会の場も巻き込んで、業界が最も大変な時に、です。

 

いかに、この問題が根強いもので、闇が深いかは、推して知るところです。

 

そして、実は、「日工組の役員メーカーが発出した社内通知文書」というものが存在し、これは各メーカーの経営者或いは営業本部長クラスの方が各営業所に対して不公正販売がないように厳命した資料があるのですが、ここでの画像資料等の公開は控えておきます。

 

実際の資料画像の公開により、当ブログの運営が困難になる可能性があるためです。

 

なので、ここでは、そういった物がある、とだけお知らせしておきます。

 

最近の不公正販売の具体例

それでは、最近の不公正販売(と疑わしい)事例について、具体例を挙げます。

 

これらが事実か否かは、読者の皆さんのご判断にお任せします。

 

私の立場としては、火のないところには煙は立たない、とだけ申し添えておきます。

(IQOSはどうなんだ、とか突っ込んではいけません)

 

<2016年6月以降、不公正販売が疑われた事例>

・デッドオアアライブ(まどかマギカ2との機歴/抱き合わせ)

・BLOOD+(北斗修羅との機歴/抱き合わせ)

・リリカルなのは、スロット海(沖縄4との機歴/抱き合わせ)

・沖縄4(多台数優先)

・トーキョーチアチアパーティー、エキサイトジャック、未来日記(花の慶次Xとの機歴/抱き合わせ)

・花の慶次X(多台数優先)

・3×3EYES、シェイク(新作番長との機歴/抱き合わせ)

・烈火の炎、黄門ちゃま(ルパンthe Endとの機歴/抱き合わせ)

・バニー&バニー(タイガーマスクとの機歴/抱き合わせ)

・クランキーセレブレーション(バジリスク3との機歴/抱き合わせ)

・ANOTHER牙狼(新作牙狼7魔戒列伝:仮称との機歴/抱き合わせ)

・GANTZ、犬夜叉(モンスターハンター狂竜戦線との機歴/抱き合わせ)

・ヱヴァ目覚めのとき(多台数優先)

 

前述の通り、メーカー本体として一律上記のような条件を提示している訳ではなく、売り気に走ったエリア営業所単位での逸脱行為と言える事例がほとんどです。

 

しかし、これはエリアで足並みが揃っていない事を示すものであり、実際に上記のようなセールスを受けた店長さんが沢山居て、何とも我慢ならなかった方が全日遊連に事例として提供した、という背景がある事をご理解頂けたらと思います。

 

最期に、今後の予定(迷い中)

以上、大急ぎではありますが、メーカーによる不公正販売の状況について、資料や事例を挙げながらご紹介して参りました。

 

ホール側はその営業状況が目に付きやすいですが、メーカー側の動向や販売条件などは一般の読者の皆さんにはあまり馴染みがないかと思います。

 

なので、今後、各メーカーが、ホールに対してどのような販売条件を提示して新機種を販売しているか、各エリアの店舗管理者クラスから寄せられている声や、私が入手できる範囲での不公正販売事例も、これまでよりは頻度を上げてご紹介していこうかと、考えているところです。

 

しかし、こういった業界内の事情は業界内で収めておくべきだ、との意見も多く、現状ではちょっと迷っています。

 

読者の皆さんは、「あそこは悪徳メーカーだ」とか、「単店などは、ひどい販売条件を提示されているらしい」、「エリアによって、営業マンが話す事が違うらしい」、「明言はしないが、実質的には抱き合わせや、多台数優先販売がいまだに横行しているらしい」、といった話題は他の業界人ブログなどでも目にする機会があるかと思います。

 

今後、主要機種の販売に際して、こういった小規模店舗いじめ、過度なお得意様営業の事例を知りたいという方がいらっしゃれば、下のボタンをそっと押して下さると嬉しいです。

 

支持して下さる方が多ければ、私としては、今後はそれ相応の労力を掛けて、ご紹介して行こうと思います。

 

私としては、パチンコ業界は、営業力が強い/弱い、規模が大きい/小さいというパワーゲームではなく、いかにバリエーションに富んだ営業形態/機種構成のお店が沢山あるかといった、多様性が重要だと考えています。

 

メーカーの過剰な優位性、不公正販売の横行は、この私なりの理想に反するものであり、小規模店舗を切り盛りしている知人店長も多い事から、今回敢えて記事にしてご紹介したり、読者の皆さんに呼び掛けさせて頂いた次第です。

 

長い記事に、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

「メーカーによる、小規模店舗いじめの状況を、今後もっと知りたい」という方は、そっと押して下さい↓
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメント
  1. 初めてコメントさせていただきます。

    台選定をしている者ですが、すごく共感できました。
    一店舗でやっているため、機械代の高騰はすごく痛いし、最近の撤去での中古価格の高騰もさらに痛いです。
    でもやっていかないといけないので入替していますが、このままでは長くは厳しいかなという状況です。

    今後も応援していますので、頑張ってください!

    • モンマサ さん

      単店の知人店長も2人居るので、仰る事は分かるつもりです。

      よく、切羽詰まる前に声を上げないからこういうことになるんだと、メーカーから相手をして欲しければ大きくなればいいじゃないかという無茶な意見も出ますよね。

      しかし、小規模店舗の店長さんには業務が集中するので、私のようにブログ運営して自店の現状を発信して問題提起する余裕は無く、場合によっては、物事をじっくり判断するだけの余裕すら無い場合もあるかと思います。

      また、経営者がせめて2店舗でも構えてくれれば遊技機購入時に少しは融通が利くようになるが、そこまでの経営意欲は無いという場面も多いかと思います。

      だから、という訳ではありませんし、何をどこまでできるのかは私自身分かりませんが、そういった知人店長のためにも、メーカーによる小規模店舗いじめの現状を一般の方にお知らせして何かが変わるきっかけにでもなればと思っています。

      今までは、妙な条件を突きつけられてもそのまま放置していた店長さんでも、手間が掛かりますが今後は全日遊連の組合員専用ページから「不公正な販売条件を提示された事例」として情報提供するなど、そういった件数が増えれば、全日遊連の方もメーカーに対して働きかけがしやすくなるのではと考えています。

  2. 最近はジワジワ人気が出て増産!増台!って記憶にあるのが沖ドキ位ですかね。
    5号機初期の頃まではレアな台を置いてる小さな店を見つけて行ってみたりと楽しみが有ったのですが、最近は変わった機種構成の店が減った感じがしますね。(というか小規模店が淘汰されてしまった)
    PS共に規制の変わり目で旧台の設置にも制限が有るので余計に個性が失われて寂しい限りです。

    • シビ さん

      これは、まさに仰る通りです。
      私としては、設置台数100台くらいのお店でも、現在の一大事をなんとか生き残って頂きたいと切に願います。

  3. 新台に過度に頼ったホールの集客、それを見透かして圧をかけてくるメーカー。
    昨今のパチンコ業界はパワーバランスが崩壊していますね。(;^_^A

    こういった機歴による販売手法のような物は一般ユーザーが知る由もなく。巷でよく見聞きするのは「あんなク〇台大量に導入して、店長何考えてんだ?」のようにユーザーの批判の多くはホールに向けられることが殆どです。
    そういった意味でも楽太郎さんがブログで発信することには、ユーザーの目がホールだけではなくメーカーの販売手法に向けられる機会になると思いますので有用なんじゃないでしょうか?

    色々大変かと思いますが頑張って頂きたいです♪
    そして、少し遊戯すれば分かる「こんなク〇台二度と打たね~!」といった機種をホールから排除して頂きたい!そうすれば結果的にメーカーも出来の悪い台を作らなくなるはず・・・。

    • テツ さん

      ご指摘のように、ホールとメーカーでは、世間の目という観点では天秤が釣り合っていないと思います。
      だから、今度はメーカーが叩かれろ、という訳ではなく、単に現状を知って欲しいだけです。
      その是非というか、そこに遵法精神や正義があるのかどうかは、それこそ打ち手の皆さんや一般の方々が判断を下すでしょうから。

      さて、昨日の記事も拝見して、応援ポチしておきましたm(_)m

      • そうですね。「メーカーが悪い」「いやホールが」といった感情論に走るのではなくあくまでも公正に、健全化に向けて正しい情報が広く知れ渡ることが大切なのかなと思います。
        そもそもメーカーが台を製造しなくてはホールも成り立たず、またその逆も然り(一部何とかなってしまいそうなメーカーもありますが)。個人的には大規模店より小規模店でまったり(*´ω`)が好きなので、メーカーには変わっていってほしいですね(小規模マイホ、ホントに最近新台が買えなくなっているようなので・・)。

        応援ポチ有難うございます_(._.)_勿論私もファン感の記事から毎日ポチッとさせて頂いております(・ω・)ノ

        • テツ さん

          メーカー大手対ホール大手の業界図を志向しているのは、ユニバーサル、サミー、平和、三洋、サンセイ、ここら辺は鉄板ですかね。

          京楽は、以前はそうでも、今はそうも言っていられなくなったので、現状の営業力に見合う身の丈販売に戻って来る・・・と見せ掛けておいて、やはり業界の多くの問題の元凶といえる50代以上の管理職が居残っている以上、力を過信して高額なセールスを続けるでしょうね。

          他方、弱小メーカーは、小銭稼ぎのチャンスとも言えるのになぜ動かないんでしょうか。
          竹屋、西陣あたりは、今のホールの体力で付き合いやすい20万円くらいの価格で旧タイトル機をごくシンプルな造りでリメイクすれば、3000台くらいなら完売すると思います。
          それを3~4回繰り返せば1万台規模のセールスになり、事業上のインパクトもある訳で。

          ファミコンゲームのリメイク版みたいなものが好きなユーザーも、この業界にも居るので。

  4. お初になります。いつも楽しく拝見させて頂いてます。業界関係者の聡明な方と見受けましたのでご質問させて頂きます。
    カジノ法案が三年間の空白を経て本日中に可決される見通しです。オリンピック前の法整備として捉えれば違和感ありませんが、パチンコパチスロの撤去問題や新内規問題等で遊技人口の激減と税収益の激減が昨今顕著であり、国家予算の一端を担うこの業界の衰退を予想しての策略としか思えないのです。楽太郎さんはどのようにお考えですか?
    私自身、約20年の歴がありますがパチンコパチスロ共に緩和と規制の連続でした。しかしながら昨今は規制に継ぐ規制ばかりで遊技人口激減 税収激減は否めません。
    私自身の本音としては、最早国が見放したものと捉えています。

    • レネゲード さん

      国が見放したというか、早期に悪い方に行く可能性があるとすれば、国としてのカジノ事業の所管が警察庁になる事でしょうか。

      この場合、換金の問題がある以上は遊技との整合性がとりにくく、実質プチカジノみたいな営業店舗を全国各地に野放しにして、それで警察庁としては問題無いのかどうか今まで以上に矢面に晒されるからです。

      もちろん、業界は多額の税金を納めているので国庫に対する存在感は大きいですが、今後更に減少していき他方カジノは特定地域でのIR事業として成功すれば規模が更に拡大したり、また別のエリアにも建設される可能性はゼロではない訳で、そちらに税収面での存在感を奪われる構図です。

      そうすれば、法規上はクリーンなカジノ事業と、常にグレーなパチンコ業界とでは、どちらによりパワーをかけるべきかは見えて来てしまう感じですかね。

      現状では、運否天賦ではなく技術介入性があり且つ一時の娯楽に供するのであれば賭博ではないみたいな扱いですが、例えば現在では当たり前の設備になっている会員システムはどうなんだ、と。

      会員システムに付随する貯玉再プレーは、常習的に(実質換金に結びつく遊びである)パチ屋に通えるように持ち玉を常にボトルキープしているようなものであり、それって本当に一時の娯楽に供するのであれば~という定義に当て嵌まるのか、という訳で。

      また、別の観点では、封入制エコパチが主流になれば、還元機などの周辺機器を扱う企業にも、パチ屋で働く従業員の数にも、大きな影響が出るでしょう。
      要は、産業規模が縮小し、かつ従事する者の数も減少するという流れです。

      業界がどのように発展しても、必ずどこかに突っ込み所を抱えたままなので、カジノとダブルで所管するだけの意味を警察庁は持ち続ける事ができるのかどうかです。

      こんな事に気を揉むよりは、駅前の一等地を占める事が多い業界ですから、規制で締め付けたり業界にとって都合が悪い方向に法解釈を進めて段階的な店舗数減を更に進めて、パチ屋が潰れた跡地に、その地域に本当に役に立つ別の業種の営業店舗や介護/託児所などの施設が新設される事を助成する方向に国として持って行った方が有用と考えるかも知れません。

      まあ、もしも業界が完全に潰されず、適当数の店舗数を残して貰えるのであれば、こういった流れで大幅な間引きが済み、地域が再活性化したエリアで、生き残ったホールが適当数のファンを獲得するという未来図も見えなくはない。

      ・・・簡単ではありますが、こんな感じですかね。

      • 返信ありがとうございます。
        最近の遊技人工の激減には、焦りを感じているユーザーです。拍車をかけるような撤去や新内規、イベ規制は最早殺しにかかっているとしか思えないのです。
        これだけのネット時代ですから、新台が導入された翌週にはボーダーや捻りが晒されていますし、スロットにおいては期待値までも晒されています。ネットで情報を調べた結果、触ることなく新台が消えていく時代なんだと思います。
        新台サイクルと費用が嵩んで遊技人工が減っている…。今までのような規制の後の緩和がまるで見えない…。
        なにか打開策はあるのでしょうか?

        • レネゲード さん

          私の釘の師匠も、これだけ短いスパンで矢継ぎ早に行政からの規制なりメーカー側のスペック面での自主規制が決まって事が動いたのは初めてだと話していました。
          また、新しめの機種がパワーダウンするスパンも超短期であり、結果的に見れば、2016年3月中旬以降の新台は、撤去問題が無ければ別に買わなくても良かったような機種ばかりです。

          規制緩和に関しては、行政が発したものは100%緩むことは無いでしょう。
          メーカー側の自主規制は、スロットは緩むことはないでしょうが、パチンコに関しては現行の確率1/319かつ継続65%という規制は緩められると読みます。

          理由は、記事のどこかでも書きましたが、遊技機が売れなくなる可能性が高いからです。

          商業的な事情は自粛倫理に勝り、メーカー側はパチンコ機のセールスを回復させるために、何らかの形で払い出し力を上げた遊技機を開発販売できる自主規制内容に変更する可能性があると、私としては考えています。

          無理やり前例を挙げれば、1996年以降の社会的不適合機撤去(実際には、足並みが揃わずに撤去完遂ならず)の流れで一時期は確変継続5回リミットで規制されていたものが撤廃された感じですね。

          しかし、自主規制を緩めて、それが業界全体でファン人口の回復に影響を与えることができるかと言えば、そこまではまだ読めません。

          ファン人口の回復のために絶対に必要な事、それはメーカー/ホール双方の経営者が従来的な粗利益を放棄して、現在の業況に見合った営業目標/成長プラン(実際には、延命プラン)に切り替える事です。

          業界の隆盛時と比べれば、打ち手は全然お金が無い(可処分所得の減少と通信費に代表される必要出費の増化)訳ですから、厳しい釘調整/設定配分で営業して集客できる訳がありません。
          広告宣伝規制によって、中身が無い営業でも派手に見せて集客し続ける事が出来る、なんてうまい話はもうないです。

          ただし、営業の中身を充実させて、打ち手に遊技性の向上を体感してもらえるレベルの営業にするには、それ相応に身を切る覚悟が必要です。

          それが出来るだけの営業目標、経費削減(聖域的な役員報酬にも切り込む必要あり)、遊技機代の削減(ホールが買わないだけでなく、メーカーも価格設定を見直す必要あり)が必要です。

          まだまだできる事があるのに、ホールもメーカーも取り組んでいないだけです。

          メーカーの新台のセールスは、全てweb上での受発注で良い訳です。
          営業マンは昔のように釘を叩いたりしませんし、ただのパンフレット持参係くらいの意味しかないメーカーも既に存在します。

          営業マンによって言う事が違うなんて事はなくなり、販売条件を明示して独占禁止法に抵触しない販売方法に切り替えれば莫大な人件費が浮くのに、なぜそれが出来ないのか。

          ホール側の経営者が粗利益期待値を下げられないのと同様に、メーカー側にも何かしらの暗い事情があるのでしょう。

          結論としては、十数年前と同じ水準の利益がないとやっていけないホール企業なのであれば廃業は回避できない。
          その後の流れは、前回のお返事で書いた通り、エリアが再活性して、その時に生き残っているパチ屋が恩恵を得る、これをもって業況復活と見るしかないでしょうね。

  5. カジノ法案は今国会会期中に成立するのは難しいんじゃないかと思っています。
    (反対意見も多く、TPPでも国会がずれ込んだため)
    ただ、お腹の黒いメーカーさんたちはジーグとかいうカジノ関連会社を立ち上げて儲けを独占しようと目論んでいるようです。
     もしカジノリゾートができたとしても、パチンコ店は身近な娯楽として残ると思います。
    (カジノのターゲットは富裕層か観光客ですから。)
    ただし、パチンコ業界がこのまま不透明な業界であり続ければ本当に潰されことになりかねませんよね。楽太郎さんがブログでおっしゃっている通りです。

    • ナナベエ さん

      遊技機の性能やZEEG社の未来図に関しては、カジノからスロットへ、それがまたカジノに還流するといった構図が見えますね。

      元々、外国のカジノマシンの日本版みたいなスロット機を製造し、それが旧来のパチンコ島に収まるような造り/サイズに変更したものがパチンコ型のスロットマシン=パチスロな訳で、それが今度はスロット製造のノウハウを持ってカジノ産業に還って行く訳ですから。

      まあ、パチンコ業界が生き残っても、カジノ事業に本格的に舵を切る格好になっても、ZEEG社としてはどちらでも良いというか、そのためのリスク分散(合弁)な訳ですからね。

コメントを残す