スロットテラフォーマーズ設定6営業データ公開

つい先日、同機の設定1営業データをご紹介した時に、そのうち自分でも設定6を使ってみて営業データを公開すると書かせて頂きました。

 

今回は、お約束通り、私が実際に使用した設定6営業データ(たったの1件)に、知人店長から貰った営業データ5件(うち1件は、スランプグラフあり)を加えて、記事にしてみました。

 

それでは、ご覧下さい。

 

営業データ

  IN枚数 差枚数 出率 ART BONUS 台売上
sample:1 24,630 -5,050 123.78 126 68 3,000
sample:2 23,200 -4,120 120.44 110 61 11,000
sample:3 21,730 -4,740 121.85 116 62 14,000
sample:4 23,150 -5,780 124.07 118 67 6,000
sample:5 25,400 -2,910 115.96 121 71 17,000
sample:6 18,600 -3,450 118.21 104 51 13,000

※sample:1~2は、交換枚数6枚台の知人店長からの提供データ

※sample:3~5は、交換枚数7枚の知人店長からの提供データ

※sample:6は、私が管理しているお店(交換枚数5枚台)のデータ

 

私が管理しているお店のデータであるsample:6に関しては、わかっている限りではこれで遊技客が3名入れ替わっています。

 

ポスター、札類、ランプといった告知物に対してのチェックが厳しいエリアという事情もあり、知人店長のお店ほどは高稼動しませんでした。

 

さらっと告知のせいにしましたが、新台はほぼ例外なく売り上げ担当扱いにしているのが常連客にもバレており、「まだ導入してから1か月も経っていないから、どうせ設定1だろう」とタカをくくられていてIN枚数が伸びなかったといった方が適切かも知れません。

 

・・・まあ、そんなこんなで、何の気無しに着席した会社員客が2名、それぞれ1箱ずつ持って帰って、どうやら挙動が良さそうだということでしょうか、結構遅めの時間帯から若者が2時間ちょっと回して、前の2名と同じくらい出したのがこのデータです。

 

ちなみに、同機は、導入当初の10日間くらいは全台設定1でかなり大きめの粗利益が残っていたのが、導入3週目に入り全体的な稼動(IN枚数)が低下してからというもの急に暴れ気味になり薄利になっています。

 

知人店長に聞いても、IN枚数12,000~13,000枚水準まで低下すると、発生する差枚数は1,500~2,000枚程度でも売り上げが少ないので設定1の放置であっても日当たり台粗利2,500円とか、そこらへんのパフォーマンスしか発揮してくれないとボヤいていました。

 

【参考】

2016年7月2日公開

『スロットテラフォーマーズ設定1営業データ公開』

 

スランプグラフ

先程ご紹介した営業データの、sample:4のスランプグラフがこちらとのことです。

テラフォーマーズ設定6

terraformars rank6

 

毎度ですが、貰ったデータ&スランプグラフにつき、営業時間中はどんな感じの挙動だったとか、遊技客の反応とか、一切わかりません。

 

以上、たった1件ですが、ちゃんと設定6を使用しましたし、適当数の設定6営業データを集めてお約束通り記事にさせて頂きました。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します↓

 

 

「よくもまあ、人から貰ったデータで堂々と記事が書けるものだ・・・」という方は、そっと押してみて下さい。自覚症状はありますので、猛省させて頂きますm(_)m
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメントを残す ※【送信】ボタンを押して頂くと、即時反映されます。読者の皆さん同士での遣り取りでは「>お相手名」表記して頂くと分かり易いです。※同じツリー(入れ子)内では最大10件までの遣り取りが可能です。