近所の店に、頻繁に液晶画面異常が発生する新鬼武者Zがあります-回答

今回は、会社員の打ち手の方からのご質問です。

 

半兵衛 さんからのご質問

はじめて連絡させて頂きます。

 

私は●●(注:お住まいのエリア)で仕事帰りに稼動していて、ゲーム数狙いがメインで月に3~5万円プラスにしているリーマンスロッターです。

 

(中略:店舗名、設置機種などの記載があります)

 

この旧台コレクションコーナーに、ボーナス付きの新鬼武者(注:新鬼武者Z 2010年 ロデオ)が置いてあります。

 

私自身は、このコーナーでは黄門ちゃま喝をたまに打つくらいで新鬼武者には用がないのですが、画面不良?のような症状で客が店員を呼び、台を開けて電源再投入するという場面を頻繁に見かけます。

(画面が青、白っぽくなり、演出が消えます)

 

そこで質問です。

 

  • この液晶画面異常は、どのような状況で頻発しているのか?
  • トラブルが頻発する台を、なぜ店は設置し続けるのか?
  • 出玉補償などのリスクはないのか?

 

私が仮に打っている立場なら、何度も遊技中断するような台は整備不良以外の何物でもなく、お金を投入する価値を見出せません。

 

私以外にも、同じように整備不良台の放置にしか見えないという客も多いと思いますが、なぜそこまでして設置しているのか、店側の考え方が知りたいです。

________

ここまでが、半兵衛 さんからのご質問です。

 

それでは、回答です。

 

回答

レア台の価値は

まず、今回話題になっている新鬼武者ですが、

鬼武者2010

新鬼武者Z(2010年)

 

これですね。

 

個人的な事ですが、記憶が確かならば、たしか角台で、毎日設定1だったのに連日5~7千枚の差枚数が発生した結果、1週間ちょっとで合計4~5万枚持っていかれた苦い思い出がある機種です。

 

どうやっても出てしまうので、設定変更する時にご先祖様にお祈りしたり、精霊の力を借りようと目を閉じて心を落ち着かせてみたり、主基盤に強い念を込めた息を吹きかけたりして、利益が残せるように色々と試みた事があります。

 

・・・さて、いきなり脱線しましたが、お店のP-WORLD HPをみたところ、レア台で1フロア構築するというコンセプトに則って運営している中の1台のようですね。

 

なので、必然的に、ご質問の中の

 

「トラブルが発生し続ける台をなぜ設置し続けているのか」

 

というものについては、手持ちの機種に

  • 新鬼武者Z
  • 新鬼武者AW
  • 新鬼武者時空天翔

 

これらが揃っており、全国的にもそういうお店は数百店舗水準しかないため、レア機種コレクター的な感覚があり、撤去しようにもなかなかできないのだと思います。

 

【参考】

新鬼武者再臨AW

新鬼武者再臨AW(2013年)

 

鬼武者時空天翔

鬼武者時空天翔(2015年)

 

そんな、ただの拘り的なものだけで、状態不良の台を放っておくのか、とお思いでしょうが、店側は意外に妙な拘りを持っていて、自分で自分の行動を制限してしまう場面は結構あります。

 

  • この縦1列には、アルゼ系の機種を並べておきたい
  • ここは萌え系機種の一角にしたい
  • Ⅰ、Ⅱがあるから、ク●台だけど仕方なく最新作のⅢも置いておく
  • バラエティー感が出るように、同じメーカー機はなるべく隣同士にならないように配置したい
  • バラエティー感が出るように、なるべく筐体の色合いが違う機種を隣近所に配置したい
  • エリア内に、自店しか設置していない機種だから、なるべく長期設置したい
  • 全国でも、百数十店舗にしか設置が無いレア機種だから、壊れるまで使い倒したい

 

こんな感じの拘りですね。

 

まあ、自店の常連客と状態が悪い台であるという相互理解ができていたり、エリア内で「あのお店のあのコーナーには、レア台がある」という認知を得ているのであれば、まあある程度の整備不良というか劣化は通用するかと思います。

 

しかし、今回教えて頂いたように、かなりの頻度で遊技中にエラーが発生するようであれば、さすがにそろそろ撤去した方が良いかも知れません。

 

液晶画面異常の状況は?

これについては、私はメーカー側の人間ではないのでハード面での詳しい事までは分かりませんが、経験的には設置が5年以上にもなると、どんな機種でも起こりうる類の異常と言えます。

 

特に、今回の鬼武者のように、全画面液晶タイプの機種に関しては、事例が多いと思っています。

 

原因として考えられるのは

  • 液晶/音声基板の熱暴走(空冷ファンの目詰まり、ファンの故障など)
  • 液晶/音声基板、サブ基板絡みのハーネスの接触不良(遊技の振動でコネクタの根元がガタ付く、など)
  • 液晶本体の劣化

 

こんな感じです。

 

エラー画面の色が、青や白だった、という事は、一応液晶周りに通電はしているという事です。

(通電していない場合は、無表示=黒 になりやすい)

 

おそらくですが、青表示の場合は、ロデオ機であれば「SYNC」エラーが表示され、電源OFF/ON(1分程度休ませる)操作をしないと復帰しないかと思います。

 

白表示の場合も、基本的には同上の対応になるかと思いますが、最悪の場合は、設定変更しないと復帰させる事ができない、という場面もあるかも知れません。

 

経験的には、この手のエラーが頻発する状況は、筐体内部で何かしらの物理的な異常(空冷ファン故障、ハーネス接続不良など)が起こっていて、根本的な解決は難しいかと思います。

 

補償など、面倒な事にならないのか?

旧台を沢山設置しているお店のようですから、これはハウスルールでかなりしっかりと前置きしているかと思います。

 

「不可抗力による機械異常の場合は、一切の出玉補償は致しかねます」

 

こんな感じですね。

 

そうしないと、7万円突っ込んでようやく当てて、何とか500G上乗せした・・・が、設定変更しないと復旧不能なエラーが発生してしまった、どうするんだ?

 

みたいな揉め事が頻発する恐れもある訳ですから、誰が見ても分かるように

 

「レア台でボロボロです。ごめんなさい」

「不慮のトラブルで、直せない場合があります。そこんところ、納得して打って下さい」

 

こういった主旨の事を、できるだけ大きな断り書きで常設しておく必要があるでしょう。

 

まあ、旧台を大事に使いたい、全国に設置が少ないレア機種だから、完全にブッ壊れるまで使い倒したい、このように考える気持ちは分からないでもないです。

 

ただし、半兵衛 さんもご指摘の通り、お店側や常連客にとっては、頑張って使い続けている台という共通認識であっても、事情を知らないお客さんからしてみれば、単なる整備不良台の放置に過ぎません。

 

なので、私としては、こういう状態が悪い台は、なるべく撤去の運びが良いかと思います。

 

今回は液晶画面の表示不良案件ですが、旧台全般に関して、長年の使用で何か部品が破損したり、本来付いているはずの部品が無くなっていたりすれば、厳しいエリアの警察や、遊技産業健全化推進機構の立ち入りを受けた際には、故障/欠損放置としてダメ出しされてしまうリスクもあるものと推察します。

 

 

以上、2010年導入機種の新鬼武者Zの液晶不良について

 

  • この液晶画面異常は、どのような状況で頻発しているのか?
  • トラブルが頻発する台を、なぜ店は設置し続けるのか?
  • 出玉補償などのリスクはないのか?

 

これらのご質問にお応えして参りました。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂けるは、下の方からお願い致します。

 

「これはさすがに撤去だな・・・」、という方は、そっと押して下さい。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

 

[記事公開]

2017年4月24日

コメント
  1. 同じような現象なら蒼天の拳2で頻発していましたね。
    音量最大で運用していると特定の効果音や役物作動で落ちるといった感じで、スピーカーのハーネスかスピーカーそのものに原因があったと記憶しています。

    もう部品も出せない機種なので、大事に使うなら音量を下げて運用すれば症状は軽減できるかも知れませんね。

    私もリールが限界近いツインエンジェル3を壊れるまで使い倒して、撤去の時「今まで本当にお疲れ様」と言って外したことがあります。
    なのでギリギリまで使いたい気持ちは良く解ります。

    • 某役職者 さん

      私も遊技機を大事にしたいと常に思っており、ファンの支持が稼動になって表れている機種であれば、薄利であってもなるべく使い続けています。
      しかし、やはり限界はやって来るもので、ずっと置いていた絶対衝撃2のセレクター周りが完全に摩耗してしまい、どうやってもメダルがすんなり投入できない状態になってしまいました。

      ひと昔前までであれば、こんなものは金ヤスリでガンガン削ってやればOKでしたが、さすがに目で見て分かるレベルに変形してしまうため断念致しました。。。

  2. 熊本の某有名店に去年まであった『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』は、完全に液晶死んでましたがみんな音だけで楽しそうに打ってましたね。
    店と客とが信頼関係を築けてる良い例だと思います。あの店は素敵。

    • いるむ さん

      5号機最初期のやつですね。
      私自身は設置した事が無いのですが、近隣店のバラエティーにそっと置いてありました。

  3. 整備不良で気になるのが北斗転生くらいまでのサミー筐体。
    リールバックライト不良、普段消えちゃってるけど入賞フラッシュする事からLED切れでは無いというのを良く見ます。
    視認性云々で型式試験時と異なる状況に該当しそうですが、如何なんでしょうか?

    • シビ さん

      車検みたいなもので、最近は遊技産業健全化推進機構による立ち入り時に、欠損放置としてダメ出しされる事例が多発しています。
      なので、ランプについても、型式試験適合時とは異なる状態になっていると判断されれば、色んなものがNG扱いされるでしょうね。
      はっきり言って、現状では、立ち入った時のその人の判断で左右される部分が大きいと思います。

  4. 初めてお便りします。その店は大昔の18時過ぎからの大花火など設定6抽選解放の頃から知ってます。店内外装飾や備品、公告と社員教育だけに投資注力して、センスのない台選定と無理のある台数導入を常時やり、若い店長が業界紙やコンサルの言うとおりにエセ最大手的な営業をすれば成果が出ると勘違いしてる店でなく、地域1番を争わず客を遊ばせる薄利営業をする数少ないアミューズメント系ならではの店舗運営だと考えてます。
    今回の件は確かに打ち手にとって深刻であり勝負を根底から揺るがせかねない事象ですが、個人的には現在の業界事情から打ち手の納得感さえあれば看過可能な範囲ではなかろうかと思います。
    楽太郎先生のブログを拝読していると店舗が近くなら是非にも打ちたいもんですが、そういうところは昨今非常に稀少であり絶滅危惧企業と感じ、業界の未来を打ち手として大変憂えております。このブログの眼鏡にかなう店が多くなることを祈るばかりです。再拝

    • 匿名 さん

      大花火の特殊イベントは私も結構参加しましたね。

      ・規定時間内にREG2連続先着1名を、その場で6に変更
      ・営業中に突如ドンBIGのBGMが爆音で流れ、BIG早がけ大会。先着1名を6に変更
      ・7~8台中、1台だけ筐体内に目覚まし時計が入っていて、所定の時間になると作動。その時打っていた人に、6に変更して提供
      ・REG継続、BIG1回交換で全6
      ・MAX711枚獲得で、ポイントカードのマスにスタンプを捺してくれる。全部埋まると好きな日に6で予約できるチケットと交換

      こんなのがあったかと。
      いやあ、懐かい。

  5. ありがとうございます。楽太郎さん流石は現役店長なだけありますね。素晴らしい考えが聞けて良かったです。是非とも言われた通りにして参考にさせて頂きます。要は手堅く無駄撃ちせずに効率良く稼ぐと言うのが一番良いのですね。
    因みにメールでお返事を頂く前に昨日ある店のイベントに並び5万円プラスにしたので、今月はもう週一でいいかなと思います。このお金を大切にして今月はプラス収支と言う形で締めくくろうかと思います。

    • 辛太郎 さん

      負けが込んで取り返すためにマイナス思考、マイナス収支のドツボに嵌まる、というのが悪いだけで、月に数日程度/決まった額の出し入れで納得できるのであれば御の字ですからね。
      それなら、趣味として上等かどうかは別として、れっきとした遊技であり余暇の過ごし方として通用すると思います。

      うまくプラスに出来たなら、課金ゲームよりは生産性がある趣味とも言えますし。

      以前お寄せ頂いたご質問については、おそらくは日曜~月曜に次の質問にお返事できるかと思います。

  6. 好きなレア台のために県外遠征も辞さない自分のような打ち手からすると、古い台が多少壊れてても動くうちは撤去せずにいてくれるお店はすごく有り難いのですが…やっぱり不満に感じる方もいらっしゃいますよね。
    常連さんのために置いてたりするでしょうし、古すぎる台は修理もできないでしょうし、(修理できないことを知らない方も多いのかな?頭ごなしに整備不良だと怒らずにいてあげてほしいなぁ…。

    • 珍古台マニア さん

      昔はお店と常連客との相互理解が成り立っていて、ハウスルールやそういった古い台に文句を言う一見客でも居たら、率先して事情を話したり一喝するような年季が入ったガチ常連が居たもんですが、今はそこまで強固な関係性は無いですからね。
      珍古台といえば、コングダムをギリギリまで置いていたお店があり、大きな声では言えませんが証紙を剥がして再度貼り付けた形跡があったり、筐体内のメンテナンスでホットボンドで固めて修繕してある箇所が見えたり、まあ満身創痍ながらも愛されているのが伝わりました。

コメントを残す