今週の見通し 8/7(日)~8/13(土)

自転車で転倒して頸髄を損傷し、その後療養中である谷垣禎一氏らが発起人となって制定された新しい国民の祝日「山の日」が初めてカレンダーに載りました。

  4円P 20円S
7() 💀
8(月) ×
9(火) × ×
10(水) × ×
11() 💀
12(金) 💀 ×
13() 💀 💀

♥:有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日

○:遊べそうな日

-:全体的に、普通の日。

(或いは、お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日)

×:特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日

💀:全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、幸いです。

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

 

<解説>

パチンコ

基本的には、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

今週から来週末にかけては、お店ごとの考え方や体力面での問題(企業としての資金力)で釘調整の度合いに大差が出ると見通します。

 

伝統的にパチンコ店は、大型連休の前の釘調整は「餌まき」的な感覚で甘めにし遊技客に好印象を持ってもらうことに努め、その後の祝日や土日が絡んだ連休中は厳しめの釘調整で臨み、フラリと立ち寄る一見客層や暇な時間を持て余して遊びに来た層からガッチリと頂く(極大な利益をあげる)といったパターンの営業を好んでいました。

 

しかし、これが成り立つのは平時であっても適当数の稼動がある事が条件になり、お店によっては今現在では基本稼動がかなり落ちていて、前述したパターンのような営業をしようとなった時でも、それができない場合があります。

 

結果的にどうなるか?

連日、必要な粗利を得るための無難な調整に落ち着く事になります。

 

こういった流れで考えて頂けば、今週は北斗無双や牙狼魔戒などの定番機種の釘が開いていそうならそのお店で打ち、11(祝木)~16(火)くらいにかけては、家庭や趣味といったプライベートな時間を過ごすことをお勧めします。

 

また、今週釘が開いていないお店であれば余裕が無いお店と言えるので、そのようなお店が直近でライター招致しました、取材が決まりましたと言っても中身が伴わない可能性が高いので、無視するのが得策かと推察します。

 

今週~来週の主な新台(地域差あり)↓

・CR蒼天の拳天帰 ・CR東京チアチアパーティー など

 

 

スロット

パチンコと同様に、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

今週のスロットに関しては、大前提として、8月初旬の営業数字が非常に悪い中で、どの程度お店が頑張ってくれるかという値踏みになります。

 

常連客を抱えやすい(定番コーナーである)ジャグラー系或いはハナハナ系、お店によってはHANABI等のユニバーサル系Aタイプ機やパルサー系かも知れません、こういったコーナーに今現在どれだけの客数が居るか、基本稼動があるかによって、じゃあイベント営業をしようとなった時にどう振る舞うかが変わってきやすいと言えます。

 

適当数の稼動があるのであれば、まともな設定を使用してそれを体感してくれたり目にしてくれる客数が居る訳ですから、月の出だしとしては悪い8月であっても、普段通りに6や7が付く日に格好を付けよう、ゾロ目の8(月)と11(祝木)も頑張ろうという意識にもなります。

 

しかし、そうではないなら、今月はそこまで余裕が無いから、勝手に期待して勝手に売り上げが上がる日は、手堅く抜いておこう(大きな利益を残そう)という意識になりやすいと言えます。

 

特に、7日と11日は日曜/祝日にあたるので、エリアによってはまともな売り上げは開店~17時くらいまでしか進まず、その後は差枚数が発生するればするほど薄利になっていくというお店もあるでしょう。

 

例として挙げれば、ビジネスエリアの駅前店です。

 

こういった立地のお店は会社員層の売り上げが命であり、そういった客層が休日/祝日で自宅待機となれば、売り上げ金額にもかなりの影響が出てきます。

 

もちろん、せっかくの休日/祝日でも、わざわざ朝一から来店してもらえるだけの魅力的なイベント営業をすれば開店~17時時間帯の売り上げが極大になり、それによってまともな設定配分であっても十分に耐えられるだけの営業ができ、尚且つやる気がある営業風景をより多くの来店客に見てもらえる事になります。

 

そうなれば、このイベントが平時の稼動にも活きてくる良循環となるでしょう。

 

しかし、現状では、余程派手に告知をして、余程しっかりした設定配分で臨まない限りはこのようにはなりにくく、また告知には規制がネックになります。

 

若年層に対してであればwebやメール/アプリ等の飛び道具で告知しても届くでしょうが、会社員層や年配層に対しての告知を考えた時には、やはりポスターや札、或いは知名度があったり何やら賑やかそうな催しといったアナログ告知に勝るものはありません。

 

こういった観点でみれば、今週は特に、中身が無い空イベントが好きなお店でも、本当にやる気があるお店でも、ライター招致系や取材系に代表される派手で分かり易い告知のイベントが非常に多くなるものと推察します。

 

思いのほかキツい8月初旬の6日や7日、ゾロ目の8日と11日、或いは旧イベント日が控えているというお店もあるかも知れません、これらの日に、どう振る舞うか?

 

読者の皆さんは、ご近所のお店を自分自身で査定してみて下さい。

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

 

 

以上、今週の見通し解説は、これくらにしておこうかと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

稼動や利益が良い/悪いという判断には、エリア差やどれだけの数字を期待しているかといったお店ごとの営業目標によって違いがあります。

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

「少しは参考になった」という方は、そっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメント
  1. 毎月7の日は開店前から行列できる大手パチンコチェーン店がありますね。
    いつもと釘が一緒で全然回らないのに何がやりたいんでしょうか。

    それと以前、会員カードのデメリットについてという記事がありましたが、それに関連する質問です。
    某掲示板に書いてあったので本当か嘘かわかりませんがレートチェンジがおかしい店があるようで、2.5円パチンコで1000玉を貯玉してから0.5円パチンコに移動して使う際は普通は5倍の5000玉になるはずですが店側のミスなのか何故か7500玉使えるそうです。
    そして0.5円の7500玉を全貯玉してから、2.5円に移動して使う場合普通は1500玉なのに2200玉使えるそうです。
    タダでパチンコ打てるうえに打たずにドル箱に全て貯玉を出して、それを全貯玉して移動を繰り返すだけで
    貯玉がどんどん増えていって儲かりますよね。
    店側はちゃんと会員カードの貯玉数とか2.5円とか0.5円でどれだけ貯玉を引き出したとか貯玉したのかを把握してるなら
    レートチェンジが間違ってることに普通は気づくはずのですが、半年以上全く気づかれてないようです。

    もし店が気づいた場合、この客のカードと貯玉全額没収して出入り禁止
    監視カメラでさかのぼって確認してから被害金額集計して請求したり最悪詐欺罪で逮捕という運びになるんでしょうか?
    それともレートチェンジの設定を間違えた店が悪いで終わりでしょうか?
    客も「間違ってるとは知らなかった」「2.5円と0.5円を利用する客のみに与えられたサービスと思ってた」としらばっくれたら済みそうな感じですが。
    この場合2.5円から0.5円の間で貯玉を利用した客はみんなアウトになりますからね。

    • 世紀末覇者拳王 さん

      実に格好良いHNです。
      私は以前、飼い犬に「黒王」と名付けようとして身内に総スカンをくらったことがあります。
      これがダメならと、今度は「松風」とも提案しましたが、最終的には全く違った可愛い名前に落ち着きました。

      ・・・いきなり話が逸れました。

      さて、レートについてですが、いろんなタイプのHC(ホールコンピュータ)があるのでなんとも言えませんが、そちらのお店のHCは、たぶんこんな感じのシステムかと思います↓
      レートのポケットは4~6口あり。
      よって、4円P用の貯玉/再プレー個数指定、2.5円P用(同左)、0.5円P用(同左)、20円S用(同左)・・・

      こんな感じに各レートごとに貯玉データが管理されて、それぞれに対して何個まで再プレーできるか引き出し上限値を入力したり、金景品と交換した時の数値などを入力するタイプです。

      なので、この手入力数値を間違えると、レート間で貯玉を相互乗り入れした時に、個数のスレが生じるのではないかと思います。
      ※私が管理しているお店は貯玉相互乗り入れシステムではないので、詳細は不明です。

      また、店側の不備を利用して故意に利益を得た者が、後々返還請求されるか否かに関しては、一般的には、後から「返せ」とは言われませんね。
      何処まで行っても店側のミスなので。

コメントを残す