今週の見通し 7/31(日)~8/6(土)

東海~関東圏の読者の皆さんは梅雨明けの時期ですね。

30℃超えの日も一気に多くなり、体力勝負の毎日がやってきますので、ご自愛頂きたいと思います。

  4円P 20円S
31() 💀 💀
1(月) × ×
2(火) × ×
3(水) × ×
4(木) × ×
5(金) × ×
6() 💀

♥:有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日

○:遊べそうな日

-:全体的に、普通の日。

(或いは、お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日)

×:特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日

💀:全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、幸いです。

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

 

<解説>

パチンコ

基本的には、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

最近は甘デジ機種の販売が多めであることからも、同コーナーメインで遊んでいる読者の方にとっては一時期と比べて一気に機種構成に変化が出て飽き防止になっているという場面も多いでしょう。

 

この甘デジコーナーには、お店の考え方や調整者の技量差が出やすい場合があります。

 

同コーナーは、甘海/甘ヱヴァ系などのようなメイン機種以外は、1機種あたり1~3台くらいでバラエティー感豊かに設置しているお店が多いかと思いますが、調整数値に関してもしっかりとスペックやゲージ構成に応じて叩き分けしているというお店が理想的です。

 

しかし、例えば私が管理しているエリアの他店などは、海桃鉄/グレートザキング/麻雀物語/化物語/逆転裁判といった甘デジを一律寄りこぼし有りの命釘幅11.50~11.75くらいで調整しています。

 

高ベース仕様の機種であればこれくらいの調整でも千円16回前後くらいの回り方はしますが、そうではなく8個保留仕様の麻雀物語や化物語は最大でも2~3個くらいしか保留が貯まらず、保留満タンによる専用演出が全く発生しません。

 

また、ボーターラインが高めである逆転裁判ですが、これも千円16回くらいで調整したのでは全く勝負になりません。

 

こちらのお店は、以前、くるくるパチンコの大海でさえも他のミドル機種と同等のスタート数値で使っていた経緯からも、今回話題にしているスぺックやゲージ構成に応じた叩き分けという考え方が、そもそも全く無いととられても仕方ないかと思います。

 

もちろん、会社的にそうするだけの余裕がない懐具合なのかも知れませんし、調整者の知識/技量不足で現在発展途上なのかも知れません。

或いは、同じコーナー内でも複数の調整者が釘を叩いており、調整にあたっての哲学というか、方法論、ビジョンといったものが統一されていない可能性もあるかと推察します。

 

釘調整業務に関しては、設置時に本社の釘調整部隊が来てゲージ構築し、後は命釘の開け閉め等の微調整でやり繰りするというお店があったり、主任/班長/リーダー的な立場になったら誰でもハンマーが持てて調整できるというお店もあります。

 

その一方、マネジャーや副店長といった上級管理職であっても、お店の管理責任者であるストアマネジャーや店長、課長/次長/部長といった役職者から許可されない限りは調整業務を任せてもらえないというお店もあります。

 

最近、色々なスぺックが混在し、販売数も一気に増えている甘デジ機種ですが、お店の調整の考え方をチェックするには適しているコーナーと言えます。

 

もしも、釘のチェックがお好きな読者の方であれば、そういった事を気にかけながら台選びをしてみるのも良いかと思います。

 

ちなみに、釘調整への考え方については、ジョブスさんも最近の記事で取り扱っています。

 

【参考】 北国のパチンコ店長の頭が禿げるブログ

7月22日公開 『現役店長が考える今後の釘調整と撤去問題について』

 

以上、釘一つとっても色々な考え方がありますので、参考にして頂ければ幸いです。

 

今週~来週の主な新台(地域差あり)↓

・CR蒼天の拳天帰 ・CRDD北斗の拳 ・CR戦国無双 ・CR東京チアチアパーティー ・CRフィーバーa-nation ・CRプロジェクトTK(確率1/109) ・CRAガールズ&パンツァー(確率1/99) ・CRAテイルズオブデスティニー(確率1/99) など

 

 

スロット

パチンコと同様に、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

7月中旬~下旬のお店の状況としては、中旬は売り上げの低下が顕著で、それに伴ってかなりの薄利で営業する羽目になったお店も多いものと推察します。

 

いくら落としても設定1以下の段階設定は無い訳で、その中で現状営業上の存在感が大きいゴッド/ハーデスやバジリスク絆、北斗転生などが暴れれば、粗利マイナス付近まで一気に追い詰められてしまうような売り上げしかないお店もあり、その中でも何とかやり繰りしようと考えるとどうしても守りの思考となりイベント時でも抜きに行ってしまうという場面も生じるかと思います。

 

7月下旬は、幸いにして売り上げの回復傾向にはあるものの、このブログでは再三にわたって指摘しているように、月末~月初は基本的には可能な限り多くの粗利益を残しておき、会社員層のお財布が薄くなってくる月中には稼働UPを意識することに思考を切り替え、また月末は粗利益主眼の設定配分に切り替えるというパターンが多いです。

 

こういった状況で、気になる人も少しは居るであろう『パチスロの日』というイベントが8月4日にやってくる訳ですが、これは単なる賑やかし程度の意味合いしか持たず、設定配分としっかりリンクさせて集客或いは還元を図るというお店は極めて少ないと判断します。

 

これに関しても、クロロさんが最近の記事で取り扱っているので、宜しければそちらも訪問して頂ければと思います。

【参考】 パチンコ店長のホール攻略

7月26日公開 『今年のパチスロの日は出るのか?(2016年8月4日)』

 

更に、この日電協が主催する8月4日『パチスロの日』という賑やかしイベントに続いて、エリアによっては『ファン感謝デー』の開催も控えている場合があるかと思います。

 

関東圏では、8月5日、6日、7日の3日間にわたっての開催となります。

 

こちらに関しても、じゃあ設定配分が特別に良くなるのかと言えばそれは期待できず、あくまでも元々6や7が付く日が強いお店等でなければ良設定に期待しての来店はお勧めできないと言って良いかと思います。

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・デビルメイクライクロス ・ルパン三世消されたルパン ・セブンスビート など

 

 

以上、今週の見通し解説は、これくらにしておこうかと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

稼動や利益が良い/悪いという判断には、エリア差やどれだけの数字を期待しているかといったお店ごとの営業目標によって違いがあります。

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

「少しは参考になった」という方は、そっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメント
  1. 楽太郎さん、こんにちは。
    毎週のように、質問してしまって申し訳ありません。

    7月末~盆辺りは夏祭りなど、イベントが多く開催されます。
    近場で祭やイベントがあるホールは、稼働が見込めないと捉え、辛めの調整をするのでしょうか?
    具体的には、7日(旧イベント日)にすぐ近くで市一番の祭がある為、打ちに行くのを会社帰りの8日に変更しようか迷っています。

    • 飛鳥 さん

      立地的に繁華街でお祭りなどがあれば、日中は一見客がフラリと立ち寄ってお金を落とす可能性もあるでしょうが、日曜なので夜は一気に稼動が引き売り上げストップという推移になるでしょう。

      なので、月初という事情もありますし、自分であれば旧イベント日でも抜きに行きますかね。

      そして8/8日にゾロ目を匂わす前告知をしっかりやった上で、10~17時時間帯は売り上げが伸び難い月曜ですがそこをスロットの若者の集客でカバーして適当に設定も入れて対応するといった感じでしょうか。

      直後の11日もゾロ目ですが、そこは会社休みの客層で勝手に日中の稼動が上がるのでしっかり頂こうと考えたり、祝日ということで前述のように夜の稼動の引きが早くて売り上げストップが早いでしょうから、抜きに行くお店が多いかと推察します。

      よって、私としては7と11よりは8/8に格好を付けたり、祝日~お盆入りする前に好印象を持って貰うために8、9、10日の3日間ジャグラー系を可愛がったりしますね。

  2. 楽太郎さん
    ご返信ありがとうございます。

    やはり、セオリー通り抜きにかかりますよね!
    11日は眼中にありませんでした。これも、このブログのおかげです。
    8~10日の3日間、適当に店を覗く程度にします。

    • 飛鳥 さん

      8/8の前告知をどれだけしっかりやるかでしょうね。
      しっかりやったら、それなりの配分で臨むゾロ目イベント、ということになるかと思います。

      お店によっては消されたルパンの導入が多めなので、それを全台設定1にして、あとはゴッドとハーデスなども全て売り上げ/粗利担当な訳ですから、他の機種にまともな設定を使用する余裕はあるかと推察します。

  3. 楽太郎さんこんばんわ

    最近ジャグばっかです。ところでお店は技術介入機の利益はどのように設定されてますか?
    というのも打ち手によって割が1~2%かわってきますよね。

    ボーダーとしてはジャグなら設定3でしょうか。丁寧に打てば100超えで適当打ちなら100未満。
    といった感じですが、お店は3を使う際にどこを基準にしてますか?

    • おっさん さん

      ゴーゴージャグラーKK、マイジャグラーⅡ&Ⅲに関しては設定2が一番多く、次に設定3ですね。
      私は(月間で見た時に)設定5を多めに使用するので、基本が3だとちょっと割高なので普段は2が多い、こんな感じです。

      考え方によるかと思いますが、ハネたデータの台(BB40回超、RB30回超など)がちょこちょこ無いと期待感を維持できないと考えているので、それで設定5を使うようになったという経緯です。
      勿論、3が基本で5なんか使わないという店長さんも多いと思いますが。

      ユニバーサル系に代表される技術介入機は、設定1と2が半々ですね。
      それでも2,000枚級の差枚数は結構頻繁に出ます。

      以前、クランキーの設定2で万枚出され、B-MAXを丸1カ月設定2で放置していたら粗利マイナスになったりもしたりと、意外に薄利になってしまう場面もあるので、設定3は普段はそんなには使えません。特に、サンダーVなどは慢性的に薄利です。

      なので、私としては設定3或いは上から2番目の設定はイベント要員です。

      しっかり技術介入遊技する客層が多い日(6、7が付く日やゾロ目、旧イベント日)などには、そういった設定を散りばめると納得してくれているように見えます。

      もっとしっかり設定を入れないと稼働しないエリアもあるのでしょうが、私のエリアはAタイプ機の稼働が良いので、無理に設定3以上を多用しなくても動いているといった感じです。

  4. レスありがとうございます。

    例えばですがジャグラーの機械割は技術介入すると1%かわりますよね。
    フル稼働で240枚です。当然バカにならん数字だと思います。

    ただそこはシビアに見ずに(例えば設定3は100%超えるみたいな認識はせずに)
    とりあえず2か3で流しつつ、出てしまったら前後で調整ってのがAタイプの設定の打ち方なんですかね。

    私だと客のレベルが高い場合マイジャグなんかは落として技術介入前提の設定にして
    アイムみたいなお年寄りが多い層は適当打ちの設定にしたり。色々と考えてしまいそうです。

    • おっさん さん

      私に関しては、ジャグラー系の技術介入は考慮しませんね。
      第一に、スロット全体でどれだけの営業数値(特に粗利益)が欲しいかを主眼に置くので、仮にジャグラーの技術介入によって失われたというか、損したのであれば、旧基準AT機で期待値つぶしのリセット/据え置きをするなどして自然に帳尻を合わせている感じでしょうか。

      ジャグラーの損をジャグラーだけで補填しようとすると稼働が落ちるので、私としてはなるべく設定2、3、要所で5という手法で今のところ成果が出ているので、このやり方は維持したいと考えています。

      まあ、ジャグラーに関しては、そこまで意識しなくてもある程度適当な粗利にはなりますが。
      その一方で、ユニバーサル系では必ずしもそうではなく、技術介入されればされるだけ粗利減といた具合に数字に変化が出やすいとも言えます。

      だから、同じAタイプ機でもジャグラーは特に中古価格も高く、ホールにとってもユーザーにとっても価値や人気があるのだと言えますかね。

      ちなみに、技術介入する客層が多い場合、それに対策するか否かは、そのお店の基本稼働によっても考え方に大差が出ます。
      ガンガン技術介入する層が居ても、同数以上の適当打ち客が居れば結果的には数字は平均的にならされて気にならなくなるというか、データにすら出て来にくくなるという側面もあるので。

コメントを残す ※【送信】ボタンを押して頂くと、即時反映されます。読者の皆さん同士での遣り取りでは「>お相手名」表記して頂くと分かり易いです。※同じツリー(入れ子)内では最大10件までの遣り取りが可能です。