今週の見通し 7/17(日)~7/23(土)

読者の皆さんは、夏季賞与的なものは貰えたでしょうか?

仮に、しっかりとした賞与が手元にあっても、それで気が大きくなって無駄打ちをするようでは、お店側の思う壺です。十分にお気を付け下さい。

  4円P 20円S
17() 💀
18() 💀 💀
19(火) × ×
20(水) × ×
21(木) × ×
22(金) ×
23() 💀 💀

♥:有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日

○:遊べそうな日

-:全体的に、普通の日。

(或いは、お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日)

×:特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日

💀:全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、幸いです。

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

 

<解説>

パチンコ

基本的には、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

先週の内容と同じく、会社員層のボーナスマネー稼動をどのように考えるかによって、釘調整の度合いが大きく変わってきます。

 

実際、私が管理しているエリアの他店舗状況を例に挙げると↓

①牙狼魔戒を平日に板1枚程度開けて営業していたお店の調整に変化

→板2枚ちょっとの開け幅に変更した上で、寄りのこぼしを多めにし、実質的にはこれまでとプラスマイナスゼロの調整にしている。

 

アイキャッチ型の調整と言え、そこまで釘が見れない客層を広めの命釘幅で釣り、打ち込ませようという意図が窺えます。

 

②北斗拳王の調整に変化

→これまでは、北斗無双も拳王も、どちらも店頭に北斗推しを匂わすポスターを掲示した時には板1~2枚開けで営業していたが、北斗無双の方は同様の調整だが北斗拳王の方は釘が動きにくくなった。

 

旧MAX機にはボーナス支給直後の期間の売り上げを期待していることや、撤去期限の問題もあるのでここにいつまでも力を入れても仕方が無く、それよりはより一層北斗無双を可愛がりたいという意図が窺えます。

 

③海系のプラス調整傾向

→これまでは全く調整面で変化が無かったJAPANが、平日に板1枚程度開くようになった。

 

毎日どの機種もプラス調整する訳にもいかないので、これまでは牙狼魔戒や北斗無双、北斗拳王だけを定番機種としてマメに開け閉めしていたお店でも、旧MAX機よりは確率1/319機種の基本稼動を上げて今後に備えたいと考える場面も増えてくる中で、海系機種、特にJAPANや大海BLACKなどを開け閉めするようになっているお店も多いものと推察します。

 

・・・私のエリアに関して言えば、上記のような傾向が出ていると思っています。

 

お店側としては、基本的には打ち手側にお金がある時にはしっかりとした売り上げ(ひいては粗利益)を期待しての営業となり厳し目の釘調整になるのが常です。

 

世間的な給料日である25日から月末~翌月初にかけてガチガチな釘で営業するお店が多いのは、こういった理由によります。

 

しかし、誰が見ても明白かと思いますが、最近のパチンコの基本稼動はどのお店も低下傾向にあり、釘調整を担当する者としては、どうにかして客離れに歯止めをかけたいと考えています。

 

なので、セオリーとしてはボーナスマネーはガッチリ頂いておきたいところでも、せっかく普段よりも多めに来店してくれる時期であれば、なるべく多くの打ち手に好印象をもってもらい今後の基本稼動UPに結び付けたいという心理が働きます。

 

その結果、開けないまでも閉めない。

売り上げは新台や旧MAX機に任せておいて、設置台数が多く今後もしっかりと集客の柱になってもらいたいミドル機は甘めに使う。

 

このような調整で臨むというお店も多くなるものと見通します。

 

今週~来週の主な新台(地域差あり)↓

・CRデラマイッタ(確率1/199&1/99) ・CRA織田信奈の野望(確率1/89) ・CRAガオガオキング2(確率1/99)  ・ちょいパチCRアクエリオンEVOL39(確率1/39) など

 

 

スロット

パチンコと同様に、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

ホールの状況としては、Aタイプバラエティーコーナーやジャグラー系、ハナハナ系であれば夜時間帯はしっかりと稼動するというお店は多いものと推察します。

 

基本的な払い出し性能が弱まってきていたり、一撃役(プレミアム役)に力が無かったり、そもそも退勤後の遊技開始で時間が限られている打ち手がAT/ART機を選択するには分が悪く、じゃあ最近は新台もどんどん出てきているし、まとまった枚数が獲得できるAタイプで遊ぶという考え方は理解できます。

 

その一方で、敢えてAT機を打つなら半端なスペックでは物足りないという考え方で、ゴッド/ハーデスの稼動が復活傾向にあると見ています。

 

6月中旬~7月にかけて中古での取引価格が上昇傾向にありホール側の需要の程が窺える状況でしたが、この傾向はまだ継続中で、最安値では2万円水準だったゴッドも20万円近くまで上昇するものと見ています。

 

なので、このボーナスマネーが動いている期間を、お店側がより効果的に営業するのであれば↓

①ゴッド/ハーデス

→毎日設定1で、期待値潰しの変更しかしないで売り上げ担当に徹する

②北斗転生、モンスターハンター月下雷鳴、サラリーマン番長など

→毎日設定1で、期待値潰しの変更しかしないで売り上げ担当に徹する

③バジリスク絆

→要所で設定2、イベント時には設定4を数台使用する程度で、基本的には連日売り上げ担当に徹する

④新台

→毎日設定1で、期待値潰しの変更しかしないで売り上げ担当に徹する

⑤ジャグラー系、ハナハナ系、場合によりAタイプバラエティー機種

→設定2or3を基本とし、要所で5or6も使用するなどして、会社員層の印象を良くする

 

こういったパターンでの営業が定番であり、Aタイプ機にはまともな設定が入る時期であると言えるかと思います。

 

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

 

 

以上、今週の見通し解説は、これくらにしておこうかと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

稼動や利益が良い/悪いという判断には、エリア差やどれだけの数字を期待しているかといったお店ごとの営業目標によって違いがあります。

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

「少しは参考になった」という方は、そっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメントを残す