今週の見通し 7/10(日)~7/16(土)

会社員の方は、夏季賞与が出た、或いはそろそろ出るという事でお財布のヒモが緩みがちな週かもしれませんが、多くのお店は、それを狙っていますので十分にお気を付け下さい。

  4円P 20円S
10() 💀 💀
11(月) ×
12(火) × ×
13(水) × ×
14(木) × ×
15(金) × ×
16() 💀

♥:有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日

○:遊べそうな日

-:全体的に、普通の日。

(或いは、お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日)

×:特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日

💀:全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、幸いです。

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

 

<解説>

パチンコ

基本的には、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

今週と来週は、お店によってかなり釘調整に差が出る2週間になるかと見通します。

 

理由としては、会社員層のボーナスマネーに対して、どのように考えるか違いが出るからです。

 

具体的に言えば

①懐具合が良い会社員層からしっかり抜くために、かなり厳しい調整で臨む

 

②ここ数ヶ月のパチンコの集客難を考慮して、ボーナスマネーを手に遊びに来た会社員層からも適当に遊んでもらえるような調整で臨み、再来店の動機付けを図る

 

このどちらかです。

 

仮に①の営業手法をとった場合は、旧MAX機を中心にアイキャッチ型のゲージにして打ち込ませて極大な売り上げと粗利益を狙うパターンが典型的かと思います。

※アイキャッチ型のゲージ=寄りのこぼしを多くして(或いは逆ハカマ出口を詰めて寄りの勢いを無くす)命釘は広く見せるようなゲージ

要は、それほど釘が見れない客層を釣るためのゲージ。

 

他方、②の場合は、夜時間帯は会社員層の来店で適当に売り上げが進むと考え、仮に10~18時くらいの時間帯は割高(薄利)になっても良いので、普段稼動を上げにくい平日日中の集客の底上げを図るために北斗無双、海系、場合によっては牙狼魔戒といった定番機種をしっかり開けて臨むという営業手法です。

 

パチンコがまだ元気があった頃には、ボーナスマネーは例外なくしっかりと頂こうと考えるお店がほとんどでした。

 

しかし、現状では、会社員層はお小遣いに余裕が無く、そういった客層がメインであるパチンココーナーでは連日閑古鳥が鳴いているというお店も増えてきています。

 

なので、ある程度の来店増が見込める状況であれば、そこからガッチリ抜きに行くというよりは、普段より多めの遊技客に対して、好印象を持ってもらえるような営業を心掛ける方が得策と考えるお店も出てくるように思います。

 

そして、今後の事を考えるのであれば、好印象を持ってもらうべきはミドル機であり、甘めに調整する対象は北斗無双、巨人の星、海系といった顔ぶれになるものと推察します。

 

今週~来週の主な新台(地域差あり)↓

・CR真田純勇士  など

 

 

スロット

パチンコと同様に、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

お店の現状についてですが、パチンコとはちょっと状況が異なり、スロットコーナーの運営に関しては致命的に集客に困っているというお店はそこまでは多くないものと推察します。

 

もしかなりまずい集客状況なのであれば、ジャグラー系の台数が少ない上に連日設定1で放置しているためIN枚数が5,000枚台くらいの超低水準のお店や、AT/ART機の設定に関しても期待値を潰すやり方でしか変更せず、偶数設定示唆演出の有無や天井など何も考慮せずに、ひたすら「出ないでくれ」と祈るような気持ちで営業しているようなお店かと思います。

 

パチンコとスロットではメインの客層が異なり、スロットはしっかり将来設計したり家計を考慮せずに遊びに来ている若年層が多い訳ですから、私としてはそこらへんの客層に対して適当に格好を付けつつ、会社員層はジャグラー系やハナハナ系を筆頭に最近一気に存在感を増してきているAタイプ機コーナーでケアをすれば、それなりの集客というか営業数字は作れると考えています。

 

なので、打ち手目線で考えれば、設定示唆するタイプの機種には要所で偶数設定が入り、ジャグラー系には設定2 or 3なら日常的に入るお店も多いということです。

 

もちろん、そんなんじゃ物足りない、5枚交換(等価)ではなく5.6枚前後の交換枚数が主流になった訳だから、設定4以上は欲しいところと考える打ち手も多いでしょう。

 

ただ、交換枚数5枚台のお店が日常的に多数使用するには、設定4という段階設定はかなり高過ぎます。

 

もしも、日常的にそれが可能なお店なら、ジャグラー系の基本稼動が非常に高かったり、ゴッド系或いは北斗転生といった旧基準AT機の基本稼動がかなり高いといった特徴を備えているかと思いますので、イベント日以外の平時に設定4以上を掴むつもりであれば、そういった観点でのお店選びが必須になるかと推察します。

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・ファンキージャグラー など

 

 

以上、今週の見通し解説は、これくらにしておこうかと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

稼動や利益が良い/悪いという判断には、エリア差やどれだけの数字を期待しているかといったお店ごとの営業目標によって違いがあります。

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

「近所に、”ちょっと早めの海開き!”といった古風なポスターを貼り出して海系可愛がりを示唆しているイタいお店がある」、という方は、そっと押してみて下さい。私の近所には、似たような文言で告知しているお店があります・・・
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメント
  1. こんばんは。
    6の付く日はホール側も少し気になる日なのでしょうか。

    暮れのボーナス時期は全体的に甘めという印象がありますが、
    夏のボーナス時期は、甘くなったという印象を受けたことはないですね。
    12月の場合は、お正月という回収時期が控えているせいなのかもしれません。

    10月や11月に回収モードに出くわした経験がありますが、
    こちらはパチンコ店の社員のボーナス資金を調達されていたのでしょうか。

    今週の私の地域は、ガオガオキング2とデラマイッタ3rdの
    導入があるようです。ガオガオ4台導入のホールもあるみたいで、
    サミーさんとのお付き合いを大事にしているようです。

    • 海の王様 さん

      単店だと、リアルに自社の懐具合が釘や設定に反映される場面もあるので、打ち手としては怖いですよね。
      一度客離れした小規模店舗が復活するのは、やはり難しいようで…

      ご指摘の通り、サミーに関しては、ガオガオ、蒼天、スロBLOOD+(サミー販売)を押さえておかないと北斗修羅がTOP導入できないみたいなアナウンスをされているエリアもあるので(主に都市部)、今はかなり強気のメーカーと言えますかね。

  2. 楽太郎さん、どうも

    さすがのご指摘で、マイホのパチのコーナー配置ガラッと変わりました

    正面に北斗無双と海ジャパン、大海ブラックライト、巨人など持ってきて、北斗拳王は後ろに移動。

    牙狼は月~水イベント扱いは変わらないもののお付き合いくらいしかプラスになってないっていう…

    それでも適当に稼働するから、やっぱり年内しか打てないっていう意識が働いている人は多い気がします

    僕自身に関しては養分にならないように気を付けます!

    • かずま さん

      年内は、まずは9~10月に掛けて、その後は12月初旬に、ヱヴァの設置台数が増えるお店が多くなると読みます。
      9~10月はリユースの関係で、12月は新作ヱヴァが出てくる可能性があるからです。

      また、前情報通りにサンセイが動くのであれば、牙狼魔戒の後釜も秋口~11月中に出てくることになるでしょうね。

      できれば、お店側としてはコンテンツとして全く新しいものが欲しいのですが、どうしても既存のものしか出てこないのが残念です。

コメントを残す