今週の見通し 6/19(日)~6/25(土)

例年トレンドダウンを意識しがちな6月ですが、今年もやはり売り上げ的には厳しい状況にあるお店が多いのではないでしょうか?

それだけに、打ち手の皆さんは、店選びの際には注意が必要です。

  4円P 20円S
19() 💀 💀
20(月) × ×
21(火) × ×
22(水) ×
23(木) × ×
24(金) × ×
25() 💀 💀

♥:有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日

○:遊べそうな日

-:全体的に、普通の日。

(或いは、お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日)

×:特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日

💀:全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、幸いです。

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

 

<解説>

パチンコ

基本的には、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

「不正」遊技機問題に関しての記事や、前回の見通し記事でも触れましたが、6/24(金)には最終撤去リストが公表される事が濃厚です。

 

よって、2015年の夏場~2016年の4月(伊勢志摩サミットによる入替自粛期間入りする直前)期間を旧MAX機による集客や売り上げで凌いできたお店にとっては、先々を見据えた営業手法に切り替えていく必要があります。

 

とは言っても、ある程度の経営規模であったり見通し力があるお店であれば、既にこういった取り組みには着手しており、特定機種に依存するのではない島/コーナー造りのための営業企画は済んでいるものと推察します。

 

この営業企画上、重要になるのが

①各機種2~4台程度で組む、バラエティーコーナーでの集客

→まとまった台数を導入する程ではないが、ある程度使えそうな機種で多機種構成のコーナーをつくって打ち手の選択肢を増やしてあげるといった試みは、今後より一層重要度を増して来るものと見通します。

 

②マメに釘を調整して集客を意識する、ミドル機コーナーの強化

→読者の皆さんのご近所には、まともな集客力をもった確率1/250~1/319機種は、海IN JAPANや北斗無双くらいしかないというお店も多いのではないでしょうか?

 

これには、現実問題として面白味がある機種が少なかったり、店側にとって扱いにくい機種(要は、基本的には甘い)が多いからであり、この夏場以降は、そろそろまともなというか、打ち手を射幸性以外の要素で楽しませる事が出来る機種の販売が待たれる状況です。

 

ざっと、この2点が挙げられるかと思います。

 

特に②に関しては、いよいよその終焉が見えて来た旧MAX機や、そろそろ打ち手の飽きも出てくる北斗無双や海系だけに頼る営業から脱却すべく、他の機種の釘もしっかりと動かしながらの営業に切り替えていきたいところです。

 

よって、読者の皆さんのご近所に、確率1/250~1/319機種の釘を動かして集客を意識していたり、牙狼魔戒や北斗拳王といった機種以外でのイベントを新たに実施するようなお店があれば、それなりの還元度でもって臨んでくれる可能性はあると推察します。

 

もちろん、この正反対、新イベントやリニューアルと銘打っておきながらも、釘の1本も動かしていないようなお店では、打たないという事も肝要かと思います。

 

どの程度釘を動かせるかはお店次第なので何とも言えませんが、変化を出す気があるかどうかくらいは釘を見ればある程度は分かります。

 

強いて言えば、これが他のギャンブルや遊技とパチンコとの違いというか、良い所な訳であり、目に見えて「これ千円12回しか回せないだろ!」という釘調整の台に着席する理由はありません。

 

新台なので触ってみたいといった理由や、回り方を無視したオカルト的な立ち回りでのパチンコとの付き合いも、人それぞれなので完全に否定はしませんが、やはり現在のホール状況でそういった遊技の仕方をすれば、かなりの投資金額が必要になるリスクがあると判断します。

 

今週~来週の主な新台(地域差あり)↓

・CRAビッグドリーム(確率1/99) ちょいぱちCR海物語3R(確率1/29) ・ちょいぱちCR天才バカボン5(確率1/29) ・CRダークフォース ・CR鬼浜爆走紅蓮隊(確率1/319&1/199) ・CRモンキーターンGLB(確率1/99) など

 

 

スロット

パチンコと同様に、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

エリア差や設置台数の差などはあるものの、スロットコーナーの現在の状況としては

①ジャグラー系やハナハナ系の稼動には安定感がある

②ゴッド、ハーデス、沖ドキは夜時間帯の売り上げ担当として貢献度が高く、存在感が上昇している

③コードギアスは稼動はあるが暴れ気味で薄利のお店も多く、今後もまともな設定は使えない

④ガルガンティアは低設定域なら大人しいが、稼動の低下が早いので売り上げ不足で薄利になっていく予兆があるため、今後もまともな設定は使えない

 

このような感じのお店が多いかと思います。

 

より細かく見ていけば、比較的新し目の機種で、無茶な設置台数でなければまだある程度稼動して売り上げもあり粗利益も確保できているのは、マジカルハロウィン、戦国乙女将星、偽物語、ゲッターマウスくらいであり、これらの機種であれば6月後半戦のイベント時に、設定4以上の使用を期待しても良いかと思います。

 

反対の言い方をすれば、上記以外の最近の機種であるアステカ、鉄拳エンジェル、十字架、ウルトラマン、バガナックルー、南国物語、ドットパルサー、パトレイバー、ミルキィホームズ、パトレイバー、プチマーメイド、トータルイクリプス、ニューチバリヨ、ストリートファイターⅣ、コードギアス、ガルガンティア、ナイツ、など

 

これらの機種に、交換枚数5枚台のお店がまともな設定を使う可能性は低いと判断します。

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

テラフォーマーズ、バルタン星人、ハネスロ再び など

 

 

以上、今週の見通し解説は、これくらにしておこうかと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

稼動や利益が良い/悪いという判断には、エリア差やどれだけの数字を期待しているかといったお店ごとの営業目標によって違いがあります。

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

少しでも「参考になった」という方は、押して頂けるとありがたいです。

日々の記事作成の励みになっていますm(_)m
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメントを残す