今週の見通し 6/12(日)~6/18(土)

まったく身に覚えが無いものの、楽太郎不倫のニュースにドキッとしてしまった楽太郎でした・・・まあ、今は円楽さんですが、他人事の気がしないから不思議なものです。

  4円P 20円S
12() 💀 💀
13(月) × ×
14(火) × ×
15(水) × ×
16(木) ×
17(金) ×
18() 💀 💀

♥:有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日

○:遊べそうな日

-:全体的に、普通の日。

(或いは、お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日)

×:特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日

💀:全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、幸いです。

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

 

<解説>

パチンコ

基本的には、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

読者の皆さんのご近所のお店は、小~中規模店舗であればCR巨人の星を2~6台、甘デジ2~3機種を数台、ライトミドル~ミドル域の中古機を1~2機種、これにより押し出される格好になった既存機種を低玉貸しコーナーに移設するといったパターンで5/30~6/11期間を過ごしたというお店が結構多かったのではないでしょうか?

 

これは、伊勢志摩サミットによる入替自粛期間入りする前に、自粛明けの6月中に第三次撤去リストが公表されるという情報があったため、欲しい中古機は自粛明け早々に買えるうちに買っておこうというお店が多かったことによります。

 

皆さん既にご存知の通り、6/24(金)には日工組から「不正」遊技機の最終(第三次+第四次)撤去リストが公表されることが濃厚になっている状況です。

 

お店側としては、これまで多大な売り上げ貢献を果たしてくれた旧MAX機との付き合いは最悪の場合だと2016年内、かなり善処してもらってもその更に数ヶ月先までしかありません。

 

よって、先を見通した営業に着手するのであれば、牙狼魔戒や北斗拳王などの旧MAX機一辺倒の集客では無く、北斗無双以外には未だ成功例が無い1/319スペック機の集客を強化する必要があります。

 

この流れで考えれば、これは私が管理しているお店に関しても言えますが、これまであまりマメに釘を開け閉めしてこなかった機種でも、変化を出していく試みが重要になってくるように思います。

 

その対象となるのは

・海系

・今後出てくる1/319スペックで、基本的には辛めの、認知度が高いタイトル機

 

このような機種の釘が、これまでよりはしっかりと動くと読みます。

 

今週~来週の主な新台(地域差あり)↓

・CRアニマルパラダイス ・CR烈火の炎2など

 

スロット

パチンコと同様に、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

今年の夏の初めは、売り上げを期待できる新台がほぼ出て来ないと考えて良いかと思います。

 

そういった観点からすれば、新台の売り上げに依存しないで、ある程度勝手に売り上げてくれる機種/コーナーを持っているお店か否かで、イベント営業した時の内容に大差が出るものと推察します。

 

参考までに、過去数年の梅雨~初夏の頃に世に出た機種を見てみると↓

 

・2012年6月~7月初旬

バジリスクⅡ

 

・2013年6月~7月初旬

北斗転生(ケンシロウ、ラオウ、トキ、ジャギパネル続々登場)

AKB48

 

・2014年6月~7月初旬

戦国乙女西国参戦

蒼天の拳

鉄拳3rd.

 

・2015年6月~7月初旬

デビルサバイバー

ヱヴァ希望の槍

バイオハザード6

※新基準機を試すか、既存の機種でのイベント営業で遣り繰りするか判断が分かれた時期で、この流れは現在まで継続しているとも言える。

 

このようなものになっており、長期稼動したものとそうでないものの差は大きいですが、共通して言えるのは、この時期の1ヶ月ちょっとのスポット的な売り上げ増には貢献しています。

 

それが、今年の顔ぶれを見てみると↓

・2016年

6/20

テラフォーマーズ

※一部エリアでは6/9

 

6/27

沖ドキパラダイス

ドリームハナハナ

南国育ちスペシャル

※いずれも後継機であり、純粋な新台とは言えない

 

このようなものになっており、これ以外ではAタイプ機や変則機がちょこちょこ出てくるといった感じです。

 

ビッグドリームinロストアイランド、バルタン星人、真田純勇士、ハネスロ再び、北斗将Aタイプ、偽物語Aタイプ、ファンキージャグラー

 

こんな感じですね。

 

打ち手目線で見ても、それほど打ち気をそそるものは無いと思いますし、実際お店側としても、「偽物語Aタイプが長期稼動すればありがたいな」、「テラフォーマーズのゴキ●リPUSHボタン、壊れないといいな」くらいの印象しかありません。

 

こういった状況で夏を迎える訳ですが、この時期は本来ある程度勝手に売り上げが増えてきて、ある程度勝手に適当な粗利益が残せる時期だったのが、ここ数年、その当たり前の数字が崩れてきています。

 

幸いにして、スロットコーナーの運営に関しては、パチンコとは遊技客の属性が異なることが上手く作用してトレンドダウンをそこまで感じなくて済んでいたのが、2016年以降はスペック面での弱体化やシリーズ物への飽きといったマイナス要素が大きくなっていき、頑張らないと売り上げは増やせず、まともな粗利益も残せないというお店が増加すると見通します。

 

では、どのように頑張るかと言えば、やはりイベント営業で集客を図るというお店が増えるでしょう。

 

しかし、そのイベント営業の信頼度は・・・といえば、話は最初に戻って、新台の売り上げに依存しないで、ある程度勝手に売り上げてくれる機種/コーナーを持っているお店か否かで大差がでるものと推察します。

 

お店側としては、無い袖は振れません。

よって、読者の皆さんが、今日は6が付く日だ、7が付くから熱そうだ、旧イベント日だ、ゾロ目だと各々の観点で期待して打ちに行くかどうか判断すると思いますが、その際には、上記のような視点でお店を観察して選んで頂く事をお勧め致します。

 

ジャグラー系、Aタイプバラエティーコーナーのデータランプの大当り回数が連日1桁ばかり

ゴッド系、バジリスク絆などのデータランプも連日物足りない感じ

沖ドキトロピカル、アステカ、南国育ちは台数は多いものの通路になっている

 

このようなお店に対して、まともな設定配分での営業を期待するのは、ちょっと酷かも知れません。

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

特に無し

 

 

以上、今週の見通し解説は、これくらにしておこうかと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

稼動や利益が良い/悪いという判断には、エリア差やどれだけの数字を期待しているかといったお店ごとの営業目標によって違いがあります。

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

少しでも「参考になった」という方は、クリックして頂けるとありがたいです。

日々の記事作成の励みになっていますm(_)m
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメントを残す