今週の見通し 10/30(日)~11/5(土)

見応えがあったプロ野球の日本シリーズも終幕し、直近ではテニスの錦織選手、そしてフィギュアスケートへと話題が移っていく感じでしょうか?

  4円P 20円S
30() 💀 💀
31(月) 💀 ×
1(火) ×
2(水) × ×
3() 💀 💀
4(金) 💀 ×
5() 💀 💀

♥:有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日

○:遊べそうな日

-:全体的に、普通の日。

(或いは、お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日)

×:特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日

💀:全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、幸いです。

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

また、仮に得られたとしても、それはごく短期的/個人的なものであり、人生設計上は何の役にも立たず、周囲の人を幸せにできるようなものではありません。

 

解説

<パチンコ>

基本的には、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

今週のパチンコの状況は非常に悪いです。

 

月末~月初の変わり目であり、且つ祝日が絡んでいる事、それに直近でパフォーマンスが良い新台がルパンthe ENDくらいしかないからです。

 

もちろん、新作ルパンが適当数ありしっかりと稼動しているお店であれば、そこが売り上げ/粗利担当となって他の定番機種をプラス調整する可能性もゼロではありません。

 

しかし、10月は全国的にトレンドが良いとは言えず、営業数字作りに苦労したお店ばかりかと推察しますので、月末30(日)と31(月)は抜いて、少しでも多くの粗利を残して終わりたいという心理の店長さんが多いものと思います。

 

また、月が改まって以降も、基本的には月初はスタートダッシュ的に粗利益先行で始めたいという心理が働く事と、土日祝日は夜時間帯からの会社員層による売り上げが得られないので、無難な調整で手堅く残したいと考える店長さんが多いので、11/3(木祝)以降も期待できません。

 

ちなみにですが、都市部の大きなターミナル駅前のお店など、エリアや立地条件によっては、金/土曜の方がより幅広い客層が来店してしっかりと売り上げが進むという場合もあります。

 

その場合には、より客数が多い時に元気が良い出玉感がある営業をしてPRしたいというお店もありますので、週末に集客実績があり、設置台数が多い機種をしっかりとプラス調整しているお店であれば、覗きに行ってみるのも悪くはないかと思います。

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

 

 

<スロット>

パチンコと同様に、しっかりとした収益を狙うお店がほとんどです。

 

直近の新台では、メタルギアソリッドとクランキーセレブレーションを1~2台導入したお店が多いでしょうか?

 

どちらも、スロットコーナー全体の営業数字や設定配分に影響を与えるような機種ではありませんが、それぞれ簡単に初動について触れてみようかと思います。

 

まず、メタルギアソリッドに関しては、高設定の挙動も出玉感も実感しにくいようで、打ち手目線で言えば絶対に近寄ってはいけない機種認定しても良いかと思います。

 

実際に、私が管理しているお店でも(台数は伏せます)、とある1台の導入してから12日間のデータをご紹介すると↓

平均稼動21,900枚、出率97.28%、平均台売上61,000円

 

このようになっており、極大な粗利益が残っています。

 

では、毎日設定1かと言えばそうではなくて、この台に関しては設定4を4回、設定6を1回使用しています。

 

知人店長から「とことん出ない」という情報提供があったので、興味本位で上記のような設定を使用してみたのですが、設定4も6も、終日フル稼動に近い状況でも店側プラスで終了しました。

 

もちろん、まだ導入して日が浅いため、サンプルとしては不十分ではありますが、月並みな表現ではありますが基本的には「辛い」機種だな、という印象です。

 

次に、クランキーです。

 

こちらは、一言でいえば、どのお店でも稼動は抜群に良いかと思います。

 

では、粗利はどうなのかといえば、もちろん設定配分や立地条件などの影響を受けるので一概には言えませんが、客滞率が極端に高い=初当りが軽めで持ちメダルを作り、長時間粘られて適当に出たような状況であれば、当然薄利営業となります。

 

これは、打ち込み要素があるような機種や人気コンテンツ機種が新台の内は良く見かける状況で、極端な例を挙げれば1人の打ち手が終日打ち倒す、という状況です。

 

私が管理しているお店では、まさにこのような状況になり、あろうことか非常に甘く動いたため、毎日設定1であっても導入5日間の平均出率が106%で、非常に低い水準の売上で遊ばれてしまうという初動になりました。

 

とある1台の5日間合計でのBB回数は180回を越えていますので、日あたり平均では36回前後のBB回数がデータランプに上がっている事になり、このデータだけ見てもかなりの盛況振りが窺えるかと思います。

 

そんなこんなで、個人的には設定1以外を使えるイメージが全く湧かない状況ですが、適当に稼動が剥がれてきて売上が増えれば(要は、遊技客が入れ替わり立ち代り打つような状況)、適当に利益は残ってくれるかと思いますので、それまでは根気強く我慢、といった感じです。

 

・・・新台の状況に関しては、こんな感じです。

 

両機に関して、スペックや演出面の確認、設定判別しての立ち回りなどに際しては、交流があるこちらのブログにてご確認頂ければと思います↓

【参考】「すろぱちくえすと」(管理人:だてめがね さん)

 

ちなみに、余談ですが、気になっている方も多いかと思いますので、ごく簡単にではありますがバジリスク3の事についても書いておこうかと思います。

 

クランキーは、バジリスク3の機種購入履歴対象と目されている機種なので、読者の皆さんのご近所のお店は、どこも1台は買っているかと思います。

 

営業マンが提示する条件にはエリア差があったり、またホールの営業規模によっても提示されている条件が異なるかとは思いますが、現時点での情報では、大体はこんな感じになるかと思います↓

  • 1台以上購入していれば、1~5台規模なら最速導入確定
  • 購入していないお店は、8~10台水準の案件を入れていないと導入不可

 

なので、読者の皆さんのご近所のお店にクランキーが1台でもあれば、そこにはバジリスク3が導入される可能性が高い、という訳です。

 

バジリスク3は、出来の良し悪しに関わらず、冬季賞与商戦~年末年始営業の武器になる機種です。

 

ほとんどのお店は同機を毎日設定1、或いは紛らわしい挙動が出るのを期待するのであれば設定2で放置して売上/粗利担当にします。

 

そこで発生させた余裕でもって、自店の定番機種に良設定を使うという構図が見えますので、贔屓にしているお店が大事に使って行きたいと考えている機種/コーナーがどれなのか?

 

それを、見極めておく事が肝要です。

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

 

 

以上、今週の見通し解説は、これくらにしておこうかと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

※市況の分析に関して、稼動や売り上げ、利益が高い/低いという判断には、エリアやお店の立地、営業規模、設置機種等によって差があります。

 

※遊技機の台粗利等に関しては、どのような調整数値で臨んでいるかや、そのお店の基本稼動(アウト個数/IN枚数)、どれくらいの期間でどれくらいの利益を得る事を目標にするか等によって大差が生じます。

 

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

 

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

「バジリスク3が楽しみだ」、という方は、そっと押して下さい。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメント
  1.    楽太郎さんお疲れ様です

     設定1or 2?のバジ3 とりあえず打ってみます。まどマギと修羅は誰も座ってないので、
    かなり不安ですが・・・

     アフター5に打てる台が本当に無いです。
     最近はしょうがないので甘デジ30分ほど打って、あまりの回らなさに帰宅する日々。

     パチンコ25年以上やって来たけど、パチンコってこんなにつまらなかった?

     コンチ2やソレックス打ってた時代に戻りたい
     (バカおっさんの愚痴です)

     

     

    • ナナベエ さん

      たしかに、パチンコの状況の悪さは甘デジコーナーに出て来やすいですね。

      バラエティーコーナーにも同じ事が言えますが、甘デジは日常的に開け閉めしないので、目の前にある釘の状態がそのお店の調整数値の基本です。

      集客出来ているお店であれば、ちょっと甘めの水準で使っても客数で相殺できますが、基本稼働が低いお店だとどのスペックの島からも例外なく取りたいので厳し目の調整になり、結果的に繁盛店と閑古鳥が鳴いているお店の差は非常に大きくなりやすいです。

      また、場合によっては、厳し目の調整になるのは、機種選定が悪いからという理由も挙げられます。

      自店の交換玉数で適当に回せないスペックの機種ばかり買うと、そうなると言え、例えば新鬼武者や牙狼ザルバといった出玉が多い機種などを中心にすると回せなくなるといった感じです。

      話題性がある機種ばかりで島/コーナーを組むとそうなる場面があるとも言え、ここらへんはやはり店長さんのセンスというか適当に回して良稼働させるための調整上のイメージが出来ていないと言っても良いかと思います。

      •  月末で忙しいところ、丁寧なご返答ありがとうございます。

         お店の基本数値は甘デジコーナーに出やすいのですね。  参考に致します。

         

        • ナナベエ さん

          日常的には釘を動かさない=それが、そのお店の基本水準

          このレベルが高いか低いかですね。

          甘海を千円13回とかで使っているお店であれば、「数値的な事を気にしないで保留満タンでも打ちっ放しにするオッチャンオバチャンからは、毎日ブン取ってやる」と言っているようなものです。

    • ゴンザレス さん

      10月は業界的にはかなり売り上げダウンしたので、その皺寄せは月末~月初に出て来るかと思います。
      打って良いのはジャグラーくらい、といったところでしょうか。

  2. 最近こちらのサイトを見つけて、楽しく読ませていただいております。
    まだ全部の過去ブログを確認しておらず重複質問になるかもしれませんが、
    パチンコに関しまして

    釘調整ってマメにするものなのでしょうか?

    そもそも店長がそういったスキルを持っているのかとか、
    釘師を雇うにもそんなにコストかけてまで釘いぢりするのかな、とか
    思っているのですが、実際はどの程度の頻度で釘調整しているものなのでしょうか?

    • ひろ さん

      会社によってまるで違うと思います。
      ・毎日本社から指示表が送られてきて、その通りに命釘幅を板±1~2枚幅で調整
      ・本社から、今週はこの機種はイベント調整とだけ指示が出て、あとは店長さんの裁量で調整(調整箇所も店長さん判断)
      ・どの機種をプラス調整するかなどは全て店長さん判断

      こんな感じですかね。

      小規模店舗だとほぼ例外なく全てが店長さん判断ですが、設置台数300~500台規模のお店でも実績がある店長さんであれば全部一任されているという場合もあると思います。
      私に関しては特に実績がある訳ではありませんが、それなりの社内ポジションであったりキャリアを考慮されて、一任されています。
      要は、会社が欲しい営業数字にさえなっていれば、中身はどうでもいいよ、という事です。

      まあ、一般には300~500台規模のチェーン店舗であれば本社からの何かしらの指示はありますので、それに則って叩いていると考えて頂いて良いかと思います。

      調整する台数に関しては、例えば下記のようなコーナー配分で設置250台ちょっとで、店長さんの裁量が大きいお店であれば
      0.5円~1円低貸し=80台
      甘デジ/羽根物=40台
      定番機種A=10台
      定番機種B=10台
      定番機種C=20台
      定番機種D=20台
      最新台A=10台
      最新台B=10台
      準新台A=10台
      準新台B=10台
      その他、2~5台ずつ長期設置している機種(中古機での入替コーナー含む)=40台

      まず低貸しや甘デジ、そして長期設置しているバラエティー的なコーナーは、一旦基本のゲージを定めたら後はほとんど叩きません。
      仮に叩いても、ちょっと「数値が高すぎるな、落とそうか」くらいだったり、若手管理職の練習用にある程度は好きに叩いていいよくらいの軽い扱いをしているお店も多いかと思います。
      何故かと言うと、そこまで全体の数字に影響を与えるコーナーでは無いからですね。

      最新台に関しては、売り上げ/粗利の要所なので、例外なく店長さんが判断してしっかりと叩きます。
      導入して4~5日かけて、今後どの数値を基本にするか決めていく感じで、最初の内は毎日叩くかと思います。

      準新台に関しては、その機種をどの程度の期間設置しておくかによって調整にかける労力は変わってきます。

      海系や北斗系などの定番機種に関しては、今週はこの機種を稼動の軸にしようと決めたら、月曜に板1~2枚開けて、火~木曜は微調整、金曜に閉めて週末は利益を取りに行くみたいな感じの調整になりやすいかと思います。

      こんな感じに見てくると、日曜の夜~月曜の朝は50~60台ちょっと叩き、火~木曜は10~20台くらい微調整、木曜夜~金曜朝に開けた台は全部閉めて元に戻すといった感じでしょうかね。
      新台入替があった週なら、上記の台数に単純に新台の台数分が加算される感じです。

      私に関しては、一概に毎日何台叩くとか所要時間がどれくらいとかは言いにくいですが、平均すると毎日40台くらい叩いて、所要時間は60分くらいかと思います。
      ※部下に「海コーナーのガラス全部開けておいて」などと指示しておくと調整時間が短縮されて楽です。

      叩く箇所は、これは釘調整の考え方によって大差が出ますが、私はなるべく少ない調整ポイントに収まるようにしているので、原則として命釘を板1~2枚動かすとか、寄りの逆八の出口を玉ゲージで微調整するとか、その程度です。

      そうしないと、部下に指示した時にそれぞれが色んな箇所を叩いてどの状態が基本ゲージなのか分からなくなったり台によってスランプが発生しやすくなるからです。

      ・・・ざっとこんな感じです。
      回答になりましたでしょうか。

  3. お忙しい中、詳細な回答ありがとうございます。
    大変参考になりました。

    当方40代にて、スロット6:パチンコ4くらいの割合で学生頃より打ち続けています。
    当然人生トータルマイナスですが、楽しく打たせていただいております^_^;

    最近、メインホールの客離れがよく目立って、自分が店長ならもっとお客様を呼び込めるような環境を
    つくるのになぁ、とか思いながら、空き台を吟味しながら楽しんでいます(空き台多すぎるのも
    回っているうちに結構投資してしまうんですけどね^_^;)

    これからもいろいろと貴重なお話、お聞かせくださいませ。

    • ひろ さん

      自分が店長なら、経営者ならという観点は、そっくりそのままお店/メーカー側が持つべき感覚なんですがなかなか出来ていないのが現状ですかね。

      自分が打ち手側なら、この機種/台を打ちたいか?
      はっきりとYesと言える業界人はほとんど居ないのが辛いところです。。。

コメントを残す