SLOT魔法少女まどか☆マギカ2/MMについて

読者の方からも、同業の方からも、まどかマギカ2絡みのお問い合わせが4件ほどありましたので、9月12日朝6:00の時点で私が把握している事について書いておきたいと思います。

 

これまでの経緯について

このブログでも何度か触れましたし、同業の方が運営している他のブログでもほぼ似たような言い回しでもって「最近のユニバーサルのひどさ、無茶苦茶さ加減」について怒り半分呆れ半分で扱われているので、読者の皆さんにも、いろいろとゴタゴタしているんだなくらいは伝わっている事かと思います。

 

今回のまどかマギカ2は、中身がどうであれ必ず注目されて相当数の案件(●台欲しいという希望)が入る事が確実に読めるという事もあり、こういう時のユニバーサルは、必ず何かやらかすぞと、多くの業界人は警戒していた訳です。

 

これはホール企業の規模や案件の規模、或いは直近の機種購入履歴/台数(デッドオアアライブ)、あとはエリアや直販付き合いか販社付き合いかによっても多少の違いがあるかも知れませんが、大体は下記のような感じでした。

 

①7月下旬~8月初旬にかけて案件入れ⇒適当な規模があるホール企業の場合は8月28日くらいまでには「案件通りの台数がTOP納品」との回答が来る

 

②5台くらいの購入希望のお店に関しては、回答が来た時期は前後するが、8月30日から9月2日までにはほぼ「5台以上の案件入れであればTOP納品可能」との回答が来る

 

③それ以下の台数の購入希望のお店に関しては、9月6日から7日にかけて検定通知書が送付され、それで「あ、ウチ、買えたんだな」と判明する。

 

④最終的には、3~4台の購入希望のお店でも検定通知書が送付されていて、TOP納品されることが確定する。

※2台以下の場合は手元に情報がないので不明。

 

⑤9月12日~13日にかけて、全国のホールは所轄に申請書類を提出⇒予定通り、9月20日より全国のホールで稼働開始

 

ざっと、こんな感じの流れになっています。

※若干の前後はあるかも知れませんが、全容を掴みにくい業界なのでそこら辺はご容赦下さい。

 

導入される型式について

都道府県によって1週間ほど時期はズレますが、7月初旬には「まどかマギカ2FS」という型式が適合したという事で公示されています。

 

前述のTOP納品確定までの経緯をご覧頂くと分かり易いかと思いますが、多くのホール関係者や販社の営業マン、ユーザー側は(要はユニバーサル関係者以外)、今回の新作まどかマギカ2はこの型式で出てくるものと思い、そのスペックは設定6出率111%の払い出し性能を有する機種であるとして認知されていました。

 

実際、適当な規模以上のホール企業関係者であれば、「まあウチの規模なら9月20日に希望台数がTOP納品されるのは当然だろう」くらいの認識でおり、その後は特に気にせずに他の機種選定をしたりといった具合に過ごしていました。

 

しかし、購入希望が3~4台くらいのお店は、「9月に入っても何の連絡も来ない、開店日である9月20日まで、もう3週間なのに」と非常にヤキモキしながら過ごしており、色々と情報収集などしている内に、8月末に「まどかマギカ2MM」という型式でも公示されている事に気付く訳です。

 

つまり、意外に小規模店舗の店長さんの方が、この「MM」という型式の存在について気付くのが早かったかと思います。

※実際、私は、つい先週末まで知りませんでした。

まどかマギカ2MM

まどかマギカ2MMの検定通知書

 

噂が錯綜

メーカーは型式試験には複数型式を持ち込み、通った中でより都合が良いもので販売しようとするのは当然であり、今回もただそのような状況でしょう。

 

ただ、この業界は色んな所から信ぴょう性が高いもの、単なる噂レベルのものが、ごちゃ混ぜになって飛び交います。

 

その中で、「MMの出率は116%水準らしい」、「10月の北斗修羅の出率に対抗して、ハイスペックを追求したらしい」といったものが広まり、一部のwebサイトなどでは打ち手目線で言えば歓迎といった感じで扱われている場面もあるかと思います。

 

実際、憶測が出回る根底には、ユニバーサルというメーカーが他のメーカーよりも疑念を生みやすい体質にあるからとも言えます。

 

ただし、そうは言っても、私のところに関して言えば、当初アナウンスされていた出率とはかけ離れた水準のスペックで出てくるなどといった訂正の連絡はありませんし、仮に変更があっても私としては微調整の範囲内だと思っています。

 

この記事を書いているのは冒頭でも触れた通り9月12日6:00なので、もしもこれ以降、大きく物事が動いて全然違うスペックで出てきますとなった場合には訂正させて頂きますが、十中八九そのような心配(一部の打ち手にとっては期待外れ?)は、私の経験的にはまず無いかと思います。

※これで本当に出率116%なら、びっくり仰天!というホール関係者が多いと思います。

少なくとも私にとっては驚きですが、仮にそうなら、それはそれでファン受けが良いかと思いますのでそれなりの使い方をしたいと思います。

 

 

 

何か大きな変化があった場合には、その都度記事にするつもりです。

以上、メールでお問い合わせ頂いていた皆さんへの回答とさせて頂きます。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 
「出率が高い方が嬉しい」という方は、そっと押して下さい。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメント
  1. そんなことになっていたんですね!?
    確かに楽太郎さんのおっしゃる通り、116%は無さそうですよね(;^_^A
    今まで、メーカーが最初に出した機械割が後から上に変更された記憶が無いんですが
    ・・。
    何はともあれ、1ユーザーとしては面白ければOKです♪

    • テツ さん

      どの出率になるか明確な資料がないので、まあどっちでもいいんじゃないでしょうかね。
      仰る通り、打ち手側には面白くて、お店側には稼働と利益のバランスが良ければ何でも良い訳で。

  2. まどまぎ、北斗どのホールも導入したいほどの人気ですが、楽太郎さん的には5号機の人気機種の何番手あたりのよそうでしょうか?また、この2機種が壮絶にこけることは想定されてますか?

    • いしけん さん

      人気ランキングを付けるのには、まださすがに時期が早いですね!
      あくまで希望ですが、旧基準AT機メインで立ち回っている打ち手にも触ってみたいと思わせたり、それなりのリターンが期待できる機種ならいいなあと期待しています。
      コケると・・・私のお店はどこも適当な台数があるので本当に困ります。。。

コメントを残す ※【送信】ボタンを押して頂くと、即時反映されます。読者の皆さん同士での遣り取りでは「>お相手名」表記して頂くと分かり易いです。※同じツリー(入れ子)内では最大10件までの遣り取りが可能です。