パチ屋に関係する諸規制の出発点と現在地-その⑥「広告宣伝規制」

シリーズ仕立てで、パチ屋に関係する諸規制の出発点と現在地について見て来ましたが、今回で最後かつ一番注目度が高い規制、「広告宣伝規制」を解説させて頂きます。

 

シリーズを振り返って

これまでの諸規制でも見て来た通り、多くの規制のあらましとしては

 

  1. 取り締まり行政側から、何らかの通知(或いは行政講話)がある
  2. 業界側がそれに反応して、各組合員(ホールやメーカー)が統一見解を持てるように分かり易いガイドライン(解釈基準)を策定する

 

このような流れになる事がほとんどです。

 

そして、ホール側に対する規制で、ほとんどの場合は、逸脱するお店が出てきたりどんどんと解釈が甘くなって行き、結果的には取り締まり行政側は当初NG視していなかった事柄であっても、自らの首を絞める形でNGになって行きます。

 

例えば、これから解説する「広告宣伝規制」に関しても、行政側としては

 

・ライターの招致および告知

・獲得玉数/メダル数の表示

 

これらの行為を、一律全て、直接的に違法扱いしている訳ではありません。

 

しかし、読者の皆さんも実感している通り、告知はどんどん派手で具体的なものになり、その結果として堂々と上記の告知を実施する事はNGになってしまったエリアも多い事と思います。

 

しかし、それでも尚、しかるべき段取りで通報でもされればいつ摘発されてもおかしくないような派手な告知で営業しているお店も、いまだに沢山あるという状況です。

 

そういった事情を鑑みれば、私見では本シリーズで解説してきた全ての規制は、今後、絶対に緩和される事は無いと判断します。

 

・・・大甘で出て来た規制でも、厳しいものにせざるを得ない状況を自分たちで作っている訳ですから。

 

では、緩和される規制はあるのか否かと言えば、業界側の自主規制のひとつである、メーカー団体側が策定した「確変継続率65%上限」に関しては、私見では緩む可能性はあると読みます。

 

理由は、この自主規制を守っていては、近い将来、新台が売れなくなるからです。

 

このような弱いスペックに打ち手は魅力を感じず、お店側としても誘引力が弱い機種は売り上げが伸びないという問題を抱えているので、2016年内は「不正」遊技機の撤去問題によって買わざるを得ない状況にあるので何とか捌けていても、2017年以降になれば状況は大きく変わると見通します。

 

要は、射幸性を抑制する事が望ましいと行政側から言われて厳しめに設定したは良いが、それでは自分たちの営業数字が作れないので、緩めるという流れです。

 

さて、ちょっと脱線しましたが、本シリーズの最終章である「広告宣伝規制」の内容をご覧下さい。

 

警察庁からの通知内容

2012年(平成24年)7月20日に、業界団体各所に向けて出された通知書面の導入部がこれです↓

広告宣伝規制

業界に通知された「広告宣伝規制」書類の1ページ目
通知文はA4用紙全7枚
別添資料はA4用紙全11枚

 

以下、内容に解説を加えながら見て行きます。

 

これまでの通知で風適法による規制の運用方針について明確化を行い、ホールによる風適法違反を抑制するとともに業界内部における健全化の取り組みを促す事を期したが、依然として通知の趣旨に反して隠語のみならず様々な脱法的表現によって善良の風俗及び清浄な風俗環境を害するおそれのある広告宣伝を行おうとするホールが存在している状況にある。

 

このため、警察庁では、ホールの広告宣伝が、そのやり方によっては清浄な風俗環境を害するのみならず、遊技に対するのめり込みを促進しかねないものである事を考慮して、悪質な規制逃れの実例を挙げて、改めて広告宣伝に関する規制の運用方針を整理する。

 

このように、非常に厳しい文言で指摘しています。

 

要は、「今まで散々注意してきたけど、まだ守れていないみたいだから、こういうのはダメだというのを実例を挙げて分かり易く指摘してあげるから、今度こそ理解して守ってね」という訳です。

 

ちょうど、言いつけを守らない子供に注意する時のような感じです。

 

実際、これからご覧頂く実例は、警察庁のキャリアの方が書いた訳ですが、おそらくは書いていて「なんてバカな連中だ、こんな通知、出す方も恥ずかしいわ!」みたいな感じだったかと推察します。

 

それでは、一気に書いていきます。

 

広告および宣伝の規制について

広告宣伝の内容が、著しく射幸心をそそるおそれがある行為を行っている、または風適法違反の行為を行っている事をうかがわせる場合には、規制の対象となる。

 

視覚に訴える広告宣伝だけではなく、聴覚に訴えるものも、規制の対象となる。

 

営業所の構造および設備の維持義務について、写真や広告物等の設備が、著しく射幸心をそそるおそれがあるもの、または風適法違反の疑いがある行為を行っている事をうかがわせるものである場合には、風適法に定める営業所の構造および設備の維持義務違反に該当する。

 

このように指摘した上で、違反行為の具体例を挙げています。

 

以下で、読みやすいように、私の方でパチンコとスロットに分けて、また番号を振ったりして区別しながら解説して行きます。

 

先に目次を書いておくと、

 

①パチンコ関連の広告宣伝、表示に関する規制内容

②スロット関連の広告宣伝、表示に関する規制内容

③景品(特殊景品、金景品)交換関連の広告宣伝、表示に関する規制内容

④獲得玉/メダル数の広告宣伝、表示に関する規制内容

⑤一般景品提供の広告宣伝、表示に関する規制内容

⑥技術介入に関する広告宣伝、表示に関する規制内容

最期に、留意事項 

 

このように続きます。

 

 

①パチンコ関連

<入賞を容易にした遊技機の設置をうかがわせる表示>

遊技機本来の性能に調整を加えるなどして入賞を容易にしている事をうかがわせる表示=性能調整(つまり釘調整)を実施していると解釈されるような表現や隠語、記号、イラスト類は全て違反である。

 

表示において、文字を強調したり、フォント(字体)を変えたり、色を変えたりして上記のような告知を実施した場合も規制の対象となる。

 

<総付景品などの提供や有名人の招致等の事実を告知する表示>

総付景品などの提供や有名人の招致等の事実を告知する表示については、これらが事実であるか否かに関わらず、殊更に特定の日、特定の機種などと関連付けて遊技機の性能調整(つまり釘調整)を実施している事をうかがわせる場合には、規制の対象となる。

 

パチンコの違法告知の実例

  • 甘釘
  • 特選台
  • 天国調整
  • モーニングサービス
  • イブニングサービス
  • 赤字覚悟の熱血週間
  • ●つの誓い、●つの約束、●つの宣言、●つの力 など ※●には数字が入る
  • ●●●の日、●●●の月、●●●月間、●●●の年、●●●周年 など ※●●●はホール名、地名、記念的行事、特定の機種名などが入る
  • ●●●営業 ※●●●は、「全開」、「元気」など、平常の営業ではない事を示唆する文言が入る
  • 徹底強化
  • 別格
  • ●●●.DAS(どっと出す)、●●●.DEL(どっと出る)など ※●●●には、ホール名や特定の機種名などが入る
  • ●月●日はパチンココーナー従業員一同“揃って”お待ちしております
  • ●●●は、ガバッ!!、●●●●は大開!! ※●●●●は、特定の機種や特定の日付けが入る
  • ●●日には特選スイーツ限定提供 ※●●には、ぞろ目などの数字が入る
  • リニューアルオープンから●日目、グランドオープンから●日目、新装開店から●日目など
  • ●日、●日、●日は混雑予想日
  • ●●●●を大事にします、●●●●を重視します、●●●●は特に愛を込めて徹底清掃しました など ※●●●●には、特定の機種名や日付が入る
  • 特定の機種について若しくはぞろ目などの特定日においてライターその他の者が取材等を行う旨の表示
  • ホール名、地名、記念的行事若しくは特定の機種の名称などを冠したり題材となっている者が来店する旨の表示 ※注:アントニオ猪木氏の来店告知を、CRアントニオ猪木の集客に結びつけようとする行為などを指しています

 

②スロット関連

<大当り確率の設定変更が可能な遊技機について設定状況をうかがわせる表示>

大当り確率を高く設定した遊技機を設置している事や特定の時間帯において高い設定に変更する事をうかがわせる表示は、著しく射幸心をそそるおそれがある。

 

表示の内容が事実か否かに関わらず、大当り確率の設定状況をうかがわせる表示は全て著しく射幸心をそそるおそれがあるものと解釈される。

 

全ての遊技機について設定状況を表示するものに限らず、一部の遊技機についてのみ設定状況を表示するものも、著しく射幸心をそそるおそれがある表示に該当する。

 

ホールの客一般に通用する隠語、記号、イラストなどによって設定状況を表示する場合には、規制の対象となる。

 

<総付景品などの提供や有名人の招致等の事実を告知する表示>

総付景品などの提供や有名人の招致等の事実を告知する表示については、これらが事実であるか否かに関わらず、殊更に特定の日、特定の機種などと関連付けて、大当り確率の設定変更が可能な遊技機について設定状況をうかがわせる(つまりスロット機の高設定使用)場合には、規制の対象となる。

 

スロットの違法告知の実例

  • ●大量投入 ※●には、設定を示す数字が入る
  • ROCK、LOCK
  • 朝一高確率スタート
  • ●つの誓い、●つの約束、●つの宣言、●つの力など ※●には、6など設定を示す数字が入る
  • ●●●の日、●●●の月、●●●月間、●●●の年、●●●周年 など ※●●●はホール名、地名、記念的行事、特定の機種名などが入る
  • 高設定における大当り確率のみを強調した表示
  • 本日も“金”メダル!
  • ●●●.DAS(どっと出す)、●●●.DEL(どっと出る)など ※●●●には、ホール名や特定の機種名などが入る
  • ●日には特選スイーツ限定提供 ※●●には、ぞろ目などの数字が入る
  • リニューアルオープンから●日目、グランドオープンから●日目、新装開店から●日目など
  • ●日、●日、●日は混雑予想日
  • ●●●●を大事にします、●●●●を重視します、●●●●は特に愛を込めて徹底清掃しました など ※●●●●には、特定の機種名や日付が入る
  • 特定の機種について若しくはぞろ目などの特定日においてライターその他の者が取材等を行う旨の表示
  • ホール名、地名、記念的行事若しくは特定の機種の名称などを冠したり題材となっている者が来店する旨の表示 ※注:特定機種の主要キャラクターの声優さんなどの来店告知を、該当機種の集客に結びつけようとする行為などを指しています
  • 大当り時に発生する光、音などが頻繁に発生することを示す表示 ※GO!GO!ランプやハイビスカスランプなどの頻繁な作動=大当り多発(高設定使用の示唆)をうかがわせるような表示の事を指しています

 

③景品(特殊景品、金景品)交換に関係する表示について

<景品の買い取り行為への関与をうかがわせる表示>

風適法では、現金または有価証券を景品として提供したり、客に提供した景品を買い取る事を禁止している。このような事が行われれば、遊技の結果が直ちに現金の獲得につながる事になり、著しく客の射幸心をそそるおそれがあるからである。

 

ホールが「等価交換」などの文言を殊更に表示する事は、景品買取所において玉/メダルの数量に対応する金額と等価などで景品が買い取られている事や、風適法が禁止しているホールによる景品の買い取り行為が行われている事をうかがわせるため、著しく射幸心をそそるおそれがある。

 

景品買取所への案内をうかがわせる表示や景品買取所における景品の買い取り価格などをうかがわせる表示は、著しく射幸心をそそるおそれがあると解釈される

 

違法な表示の実例

  • ●円交換
  • 等価交換
  • 高価交換
  • 完全交換
  • 闘火
  • 好感度MAX

 

④獲得玉/メダル数の表示について

<遊技客が獲得した玉/メダル数を示し、これに景品買取所における買取価格を直接的または間接的に示す表示>

獲得玉/メダル数が表示された降順表(注:獲得ランキング)などに数字(例:12万3千円)や文字(例:等価)を付随させるような表示は、遊技の結果が現金の獲得と容易に結びつく事を示すため、著しく射幸心をそそるおそれがある。

 

なお、実際の獲得玉/メダル数のみの表示は、直ちには、現金の獲得と容易に結びつく事を示す表示には当たらないと解釈される。

 

著しく多くの玉/メダルの獲得が容易である事をうかがわせる表示の具体例

  • 大放出●万枚
  • 万枚オーバー
  • 玉箱を重ねるなど著しく多くの玉/メダルを獲得した事を示す表示
  • 実際に獲得されたものではない玉/メダルを収めた玉箱を客室エントランスなどに強調して積み上げる表示
  • 獲得した玉/メダル数を実際以上に見せ掛ける表示
  • 特定の日、週、月などに客が獲得する玉/メダルの数量について、当該ホールにおける過去の記録若しくは他のホールの記録と競い、若しくは何らかの誓約や目標を掲げるようなイベントを実施したり参加している事を示す表示(第三者が主催するイベントへの参加時も含まれる)

 

⑤一般景品提供の仕方の広告宣伝、表示に関する規制内容

  • 獲得した玉/メダル数に対応する金額を上回る景品を提供している事
  • 獲得した玉/メダル数に対応する景品とは別に、他の物品の提供も受けられる事をうかがわせる事
  • 市場価格とは異なる金額で景品を提供する事をうかがわせる事
  • 同じ景品でもレートやコーナーによって対応する金額に差がある事をうかがわせる事
  • ある機種やコーナーで遊技した客のみに提供される専用の景品を用意してこれを提供する事をうかがわせる表示

 

これらは全て、著しく射幸心をそそるおそれがある

 

違法な表示例

  • 大特価景品
  • 無料引換券
  • 50%OFF景品チケット
  • 特別に無料で玉/メダルの提供を受ける事ができる事を示す表示
  • 遊技に伴って洗車、自転車修理、空気入れなどの役務の提供を受ける事ができる事を示す表示
  • 1万円を超える景品の提供が受けられる事を示す表示
  • 遊技に伴ってポイント等を付与し、ポイントの蓄積数に応じて景品の提供が受けられる事を示す表示 ※注:来店に応じて付与するポイント=来店ポイントは可だが、打ち込んだ玉数や遊技時間などに応じて付与するポイント=遊技ポイントは不可という扱いです。

 

⑥技術介入に関する広告宣伝、表示に関する規制内容

遊技の結果について客の技量により差異が生じる余地を無くす事は、著しく射幸心をそそるおそれがある行為であり、これが行われている事をうかがわせる表示は、著しく射幸心をそそるおそれがある。

 

違法な表示例

  • ハンドル固定を助長するような表示
  • 目押しサービスを受けられることをうかがわせる表示

 

__________

以上、

 

①パチンコ関連の広告宣伝、表示に関する規制内容

②スロット関連の広告宣伝、表示に関する規制内容

③景品(特殊景品、金景品)交換関連の広告宣伝、表示に関する規制内容

④獲得玉/メダル数の広告宣伝、表示に関する規制内容

⑤一般景品提供の仕方の広告宣伝、表示に関する規制内容

⑥技術介入に関する広告宣伝、表示に関する規制内容

 

これらについて、順番に見て参りました。

 

警察庁からの通知文には、最後に、このような内容が記載されて締められています。

 

留意事項

①業界内の自主ルールについて

本通知は、風適法による規制の対象となる表現などを明示したものであり、各都道府県において遊技業組合が本通知と矛盾する自主ルールを策定している時は、直ちに是正する必要がある。

 

一方、本通知よりも厳しい内容で自主規制している地域があれば、必要性がある以上はその有効性を否定しない(注:京都府における、歴史的な景観維持のための厳しい条例など)

 

②質疑応答について

一部の都道府県においては、広告宣伝の内容が風適法に抵触するか否かについて、個々のホールが都道府県警本部や警察署宛に直接質疑を行っている例が見受けられる。

 

しかし、広告宣伝に関してはこれまで三度にわたり違法な表示について警察庁から具体的な指導を実施してきた事を踏まえれば、その趣旨は既にパチンコ業界に十分に伝わっていると考えられるところである。

 

ここでなされる質疑は、本来は存在しないグレーゾーンを追求し、地域におけるいわゆる温度差を意図的に生じさせようとするものである。

 

今後、広告宣伝における質疑については、遊技業組合への加入の有無を問わず、各都道府県の遊技業組合において一元的に取りまとめた上で、必ず各都道府県の本部宛に行う事とされたい。

 

また、各都道府県遊技業組合においては、組合への加入の有無によって質疑を拒絶する事が無いように留意されたい。

 

③業界内における、自助努力について

広告宣伝や設備などの規制違反に関しては、これまで度重なる指導を実施してきたにも関わらず、今なお違反を行うホールがある事は、誠に遺憾であり、これらのホールの遵法意識には強い疑念を抱かざるを得ない。

 

パチンコ業界における健全化の取り組みの一端として、行き過ぎたものが無いかチェックする仕組みの構築を検討されたい。

※注:東京都における健全化センターのチェックの活発化などがこれにあたります。

 

④業界誌の記載内容について

一部の業界誌には、遊技機の無承認変更を推奨し、または教唆・幇助する内容の記事(注:釘調整や釘読みのポイント解説の事)を掲載するものも見受けられる。

このような記事を掲載する事も、パチンコ業界の健全化を阻害するものでる。

 

 

 

・・・コンパクトにまとめたつもりでも、ここまでで約7,000字費やしてしまいました。

警察庁からの通知文の内容解説は、以上です。

 

最期に、では現状はどうなっているのかについて、現在地を解説して締めたいと思います。

 

広告宣伝規制の現在地

この規制の現状に関しては、ここで敢えて書くまでもなく、読者の皆さんが日々、ご近所のホールで目にしている通りです。

 

ライター招致系は相変わらず派手に告知され、広告宣伝全般において隠語の使用や文字の強調などによって実質的にはイベント営業が従来通りに実施されています。

 

規制が出された当時と異なるのは、より一層SNSやスマホのアプリが発達/普及して、取り締まり行政の目を逃れて巧妙に告知するお店が増えた事くらいでしょうか。

 

この流れが、今後どのような結果を招くのか・・・

 

読者の皆さんはどのようにお考えでしょうか?

 

 

以上で、全6回のシリーズ記事となった

『パチ屋に関係する諸規制の出発点と現在地』を終わりにしたいと思います。

 

最期までお付き合い頂き、ありがとうございました。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「今回の諸規制のシリーズ記事は、全部読んでやったぜ」、「長い記事で疲れたが、参考になった」という方は、そっと押して下さい。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

コメント
  1. ガセイベでの煽りが問題だったのか。
    大きなイベントでの並びによる近隣住民からの苦情もあったかも知れませんね。
    イベント規制前後は東京に住んで居ましたが、新宿の某店は月末に119%機種の全6が残っていると盛大な並びが出来てましたし、中野の某店もイベントによってはかなりの人数が並んで吸殻やゴミをポイ捨て。
    活気があった反面、第三者視点で見ると異様な光景だった様に思います。
    抽選外れや予想台外れで午前中に帰る事が多かった私ですが、イベント時の入店〜遊技開始までのドキドキが好きでした笑

    • シビ さん

      たしかに、今となっては懐かしい時代ですね。
      私も若い時は、終日打ってサウナに一泊して朝一並んでまた終日打って、みたいな事の繰り返しでした。

      面白かったのが、神田の某店に朝一赴き、コンビニで何かしら買って最後尾につき開店待ち・・・
      さあ、開店だ!と思ったら、なんと、私は最前列に割り込んで待っていたのです。

      あまりに堂々と列に加わったので、私が初めに場所を確保していたものと先頭の方が勘違いした模様。
      もちろん、「ああ・・・うん、間違っちゃって・・・」みたいな微妙な空気になり、一部では失笑が。

      最後尾に並び直して入場しましたが、打つ台がなくて近所の別のお店でペガサスを打ってボロ負けして帰宅した思い出があります。

  2. 警察としては、「一応注意はしてますよ」ポーズは取りましたから、あとはたまに弱小ホールを摘発するくらいでは?それこそ天下りの少ないホールとか。完全に殺しに来たら、自分等の旨味も減りますからほどほどに。

    しかし直接的な表現は苦笑いしかありませんが、こうちょっとヒネッた表現は、ちょっと感心しますね。まるで江戸時代の看板みたい。

    それと先日は長文コメ、スミマセン。酔っていたもんで妙に空回りを・・・

    • ゴンザレス さん

      大丈夫です、私も大体はビールを飲みながら書いていますので!

      さて、全然関係ない話ですが、今「大丈夫です、私も」と書きましたが、ついさっきまで「遊技台での貴重品の忘れ物の取り扱いについては、どう管理しているんですか」的なお問い合わせにメール返信していたのですが、その時の変換の名残で「台上部です、私も」と誤変換して、ちょっと面白かったです。

      一応、報告しておきますm(_)m

  3. 某課長補佐が言ってた悪しき慣習そのままですよねw

    「違法な営業形態でも、たまたま摘発されなかったことをもって「既得権」と考える慣習」
    「それが法に抵触しかねないものであれ、他のぱちんこ店と同じことをしないと損をするかもしれない、と考える慣習」
    「法律で禁止されていても、牽強付会(こじつけ)の解釈により、本来存在しないグレーゾーンを追求しようとする慣習」
    「営業の基本となる法律や通達をきちんと確認しない慣習」

    結構業界を良く見てるよなぁ。〇ハンさん見てるか?w

    • てんま さん

      業界人でマルハンの事が好きなのは一人も居ませんからね。
      企業体としては立派で、従業員にとっては良い会社なのでしょうが。

      理由としては、業界のTOPを自任する割に、決まり事は守らないという。

      例えば、関東圏の知人店長のエリアでは、約15年前まで輪番で店休してエリアのファンを融通し合っていたそうですが、ある日の組合の会合で一方的に「ウチは年中無休でやります」、「法的な拘束力はおありなんですか?」と一方的に組合規約を破り、総設置台数上限の規約も大幅に増やして破り、それ以後はそのエリアはパワーゲーム化して殺伐とした状態になったとの事。

      広告宣伝規制の無視は、最たるものでしょうね。
      例えば、関東圏で最も派手な告知をしていたのは池袋店で、マルハンズNETのHP閲覧数は全店舗中2位まで上昇して、機種を特定したイベントの連発で健全化センターからのチェックが入り、その後は鳴りを潜めているとの事。

      全店舗なのかどうかは不明ですが、自社で七福神のキャラクターを作って色分けし、上位の2色「ロクジュ」と「ベンテン」なる萌えキャラのポスターを掲示して、さも設定56を投入しているかのような告知を堂々と実施しているという情報もありますね。

      トップカンパニーだからできる事があると主張しますが、現状、何ができているのか、教えて頂きたいものです。

コメントを残す ※【送信】ボタンを押して頂くと、即時反映されます。読者の皆さん同士での遣り取りでは「>お相手名」表記して頂くと分かり易いです。※同じツリー(入れ子)内では最大10件までの遣り取りが可能です。