ゴッド凱旋のサブ制御基板の不正事案発生は、かなりタイミングが悪い

高井議員が提出した衆議院における質問主意書については方々で話題になっていますが、これと絡めて、ゴッド凱旋における不正事案について、簡単にではありますが紹介させて頂きます。

 

質問主意書について

まず、以下で、高井崇志議員による質問内容から、今回話題にするスロット機の事に関わる箇所を書き出します。

 

________

平成29年3月31日提出

質問 第187号

 

「パチスロ遊技機の旧基準機の認定問題等に関する質問主意書」

________

 

「近年回胴式遊技機、いわゆるパチスロ遊技機 においては「サブ基板」と呼ばれる周辺基板に一部出玉性能を持たせる仕様の遊技機が主流になっていた」

 

「こうした遊技機は、サブ基板を不正品と交換することで容易に不正改造をすることが可能になる」

 

「パチスロメーカーの業界団体である日本電動式遊技機工業協同組合は、2014年6月13日に開催した第34回総会において ”2013年に何者かによってサブ基板をほとんど目視では判らない精巧な改造品に交換される事案が発生し、当該基板のロムはその内容を知りうるものが意図的に遊技メダルを搾取できるように改ざんされており、ホール並びに一般の遊技者が損失を被る恐れのあることを確認した” こと、”行政当局からこうした不正改造事案に対し早急な対策が求められている” ことを述べている」

 

「日電協及びパチスロメーカーは、後日4機種、17万台以上のパチスロ遊技機のサブ基板の点検作業を実施するとともに、業界内の遊技機の基準を見直し、2015年12月以降適用された新基準ではサブ基板による出玉性能の制御を禁止している」

 

「他方で風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第20条に定める検定を2015年12月以前に通過し出荷された旧基準の遊技機は、依然としてパチンコホールで営業の用に供されたままである」

 

「平成29年3月8日の衆議院内閣委員会において、警察庁は”遊技機の周辺基板が遊技の結果に影響を及ぼす機能を有するものについては、風営適正化法施行規則第8条に定める 著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準 に該当することから、同基準に該当しない旨の都道府県公安委員会の認定を受けることはできない” と答弁している」

 

「他方2015年12月以前に検定を通過し出荷された旧基準機の多くは、周辺基板であるサブ基板に内部抽選で当選した小役を液晶や盤面パネル等で確率的に告知するナビゲーション機能が具備されている」

 

「このような旧基準機の構造は”遊技の結果に影響を及ぼし、又は及ぼすおそれがある機能” を周辺基板に備えていると考えられ、実際過去にサブ基板のプログラム改ざんを狙った大規模不正改造事件が発生していることから、風営適正化法施行規則第8条に定める 著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準 に抵触していると考えるが、政府の見解を問う」

 

「パチンコホールが、風営適正化法施行規則第8条に定める 著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準 に該当する遊技機を設置して営業を行うことは、風営適正化法第20条第1項に抵触し許されないと考えるが間違いないか、政府の見解を問う」

 

「また仮にパチンコホールが、風営適正化法施行規則第8条に定める 著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準 に該当する遊技機を現に設置して営業していた場合、早急に撤去する必要があると考えるが間違いないか、政府の見解を問う」

 

「検定を通過した型式に属する遊技機または認定を取得した遊技機に、事後に 容易に不正な改造その他の変更が加えられるおそれのある 構造的な欠陥が判明した場合、過去の検定や認定の取得の有無に関わらず、当該遊技機は風営適正化法施行規則第8条に違反するものとして営業に用いてはならず、パチンコホールは直ちに撤去する必要があると考えるが、間違いないか。政府の見解を問う」

________

ここまでが、高井議員による質問内容の要旨です。

 

楽太郎の見解

この質問内容をご覧頂いて分かる通り、質問の流れであったり、根拠とする警察庁見解及び法規の解釈については、全くと言って良いほどの正論であり、これに警察庁なり業界側が何らかの反論を行う事はほぼ不可能かと思います。

 

では、高井議員が主張するように、

 

「2015年12月以前に検定を通過し出荷され」、「周辺基板であるサブ基板に内部抽選で当選した小役を液晶や盤面パネル等で確率的に告知するナビゲーション機能が具備されて」いる旧基準機の多くは、「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」に抵触しているため、これらを営業に使用する行為は風営適正化法に違反するのでは?

 

という質問の要点についても、業界としては反論する術を持たず、仮に法規を厳格に適用するのであれば、上記に該当する遊技機は、全て撤去するのが妥当と考えます。

 

ただし、業界に対するケアもやはり必要で、高井議員が主張するような「早急に撤去する必要」という部分について、どれくらいの期間でそれを行うのかについては、相応の猶予期間を設けてでないと、メーカー/ホール/エンドユーザーに対しての負担は尋常ならざるものになると推察します。

 

また、こういったハード面での不備(改造を施される、使用者が容易に気付く事が困難など)の場合は、世間一般に流通している機器であれば、常識的に考えれば製造者責任として相応の対応がなされます。

 

それが、パチンコスロット業界の場合は、同様にメーカー側が責任を認めて、それなりの対応をとるのか?

 

ここが、重要と言えます。

 

しかし、検定時と異なる釘の状態で販売された可能性がある遊技機=「不正」遊技機の撤去問題の際には、メーカー側はホール側に対して「ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程、宜しくお願い致します」などと言いつつも、実際にはそれまで398,000円ほどで販売していたパチンコ機を44万円水準まで値上げしたり、「業界一丸となって撤去問題に取り組む」と言いながらも、その撤去負担の大部分はホール或いは打ち手側に求めました。

 

こういった経緯を鑑みれば、旧基準スロット機の撤去問題に発展した場合も、このままの流れで行けば、メーカー側の補償はほとんど期待できないでしょう。

 

では、どうするか?

 

やはり、個々のホールでは対応する事は不可能であり、全日遊連という組合組織の力に頼る他ありません。

 

そのために、組合組織には力を持たせる必要があります。

 

個々のホールが好き勝手営業して、法規や組合の取り決めを無視して、この期におよんでも日々のイベント営業などで一時的な盛り上がりに興じて本来直視すべきこういった問題に気付かない体で、やはり問題を直視したくない一部の打ち手と共に、今日はどこの店が熱いとか、どこの島/コーナーが全6だったとか、そういう事に腐心しているのでは、ホールとメーカーの力関係は今までとなんら変わらないものになるでしょう。

 

もちろん、いかなる状況であっても、打ち手側は悪くないので、やる気がある営業で楽しませてくれるお店で遊ぶ権利はあります。

 

しかし、お店側に関しては、やはり広告宣伝規制をはじめ、当然守るべき事はある訳で、それを無視したのではどんどん状況は悪くなる一方である事は明白と言えます。

 

取り締まり行政が要求する法規を順守し、全日遊連の取り決めを守る事で、組合組織として堂々と振舞える状態を保つ事、それだけが巨大なメーカーなり警察庁や世間に対して自分たちの立場への理解を求めたり、業界の今後の方向性を具申するための唯一の道であると、私としてはそのように考えています。

 

ゴッド凱旋の不正事案について

それでは、今回の高井議員の質問の内容を踏まえて、以下で資料を紹介する不正事案の内容をご覧下さい。

 

そうする事で、この不正事案の発生が、いかにタイミングが悪かったか、それがお分かり頂けるかと思います。

 

<ユニバーサルからの通知書面>

ゴッド凱旋:サブ制御基盤不正事案

ゴッド凱旋:サブ制御基盤不正事案

 

 

まとめ

以上、今話題になっている衆議院における高井議員の質問内容、そして新たに発生して来たゴッドにおける不正事案について紹介し、ごく簡単にではありますが私見を述べさせて頂きました。

 

この流れが、どこに行き着くのか?

 

読者の皆さんにおかれましては、成り行きを見守って頂きたいと思います。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「旧基準スロット機の撤去問題に発展した場合、メーカー側は、大して負担しないと思う」、という方は、そっと押して下さい。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

 

[記事情報]

2017年4月8日公開

コメント
  1. >当該基板のロムはその内容を知りうるものが意図的に遊技メダルを搾取できるように改ざんされており

    具体的に、どのような内容だったのでしょう?
    凱旋は一度打ったことがあるだけですが、ゲーム性は大体把握しています。
    (神々の系譜は好きでしたので)

    ユニバの通知書に「全て中古機で流通していたもの」と記載されていることから、メーカーは大して負担しないどころか、全く無い可能性すらありますね。

    私は中古機が中古業者からホールにそのまま流通していることが、そもそも問題だと思います。
    中古業者が直接売却出来るのは、一般向け、ゲームセンター向け等のみとし、ホールにはメーカーが中古業者から一旦買い取り、点検・メンテナンス・書類添付等行った台を再流通させることで新品同様の仕様を保証する必要があると思います。

    • ててて さん

      サブ制御基板(ドアを開けて、扉側の上部中央に付いている、銀色の箱型の部分の内部)に、6mm角くらいの不正チップをハンダ付けして搭載するらしいです。
      おそらくはセット物だと思いますが、私の周囲では被害事例が無く、また知人からもそういった情報はないので、詳細までは分かりません。。。

      流通制度については、ご指摘ご尤もで、昔よりはかなりチェック体制が良くなったものの、こういった事例が出てくる以上は、まだまだ穴があると判断せざるを得ませんね。

  2. ててて さんの意見に賛成ですね。無限超番長などを仕込まれた?りする場合もあったわけで。
    間にメーカーを挟むことのデメリットはないと思います!
    メンテ代金がかかるでしょうが、安心のための価格ならばホールも納得ではないでしょうかね?
    現に超番長では被害が70万円くらい出ているわけですので、、、凱旋とかも
    わからない程度に抜かれてたりするかもしれませんよね。
    発覚しない被害を含めて考えたらホールも得をするのではないでしょうか?
    それができない事情でもあるんでしょうか?WINWINだと思うのですが。

    • ishiken1018 さん

      無償でサブ基板交換などしてくれる場合もありますが、(化物語、蒼天、サラ番長など)、じゃあ全てのメーカーが発生した全ての不正案件で対策してくれるかと言えば、そうではないですね。

      それに対して、ホール団体側が(費用負担してでも点検してくれと)声掛けする場面もあまりなく、そういった意味では、特に中古で買った遊技機に関しては不具合は起こったら運が悪いなくらいの状況ですね。

  3. ホール関係者は絆が再認定を受けてあと3年間ホールにおける!やったぁ!とか悠長に思ったらいけないですね
    下手したら半年以内に絆を含む旧基準はすべて撤去もあり得るのでは?

    • パチ屋店員894 さん

      撤去の猶予期間は現時点では読めませんが、甘く見ない方が良いですね。
      11月まで設置比率49%以下で多めに保有し、その後一気に30%未満に落とす営業方針は、私としてはおすすめできません。
      やはり、早い段階で、まずは30%水準で営業数字を作れるように対処しておく方が良いかと思います。

  4. 古くから長期設置人気機種はサブ基盤ゴトの被害にあっていることが
    多いのに今さら問題提起されたんですね。

    なんか予定調和で旧基準もこの流れで撤去に持っていくんだろうなと
    思いました。

    • レインメーカー さん

      悪い意味で、歴史は繰り返す、忘れた頃に昔と同じ現象が起こる、そんな業界と言えます。。。

  5. 楽太郎さん、こんばんは
    以前から疑問に思うことがあります
    検定通過時と異なる遊技機問題から
    台を値上げ、また今後、メーカーによる
    台の確認を有料化とメーカーのやりたい放題

    ホールを統括する機構で取り決め、全ホール
    メーカーが非を認め、何らかの保障をするまで台を買わないという選択肢はないのですか?

    • パンダ さん

      手元にある情報では、東京の某単位組合(およそ市区町村単位でのお店の集まりと考えて頂いて良いです)の組合長さんが、あまりに舐めた販売条件を提示するメーカーに対しては不買運動を行うべき、と発言したとの事。

      実際に資料を入手したのですが(A4用紙1枚)、問題提起者である組合長さんの静かな怒りが文面に滲み出ており、方面理事長(神奈川とか東京とか、より大きな範囲でのお店の集まりと考えて頂いて良いです)が、苦情の判断でそれを制するやりとりが記載されています。

      諸々の入れ替えの必要がある中で、メーカー側と決裂する事まではできないという意味で、大局を見て我慢した、と言えます。

      しかし、今後、どこかの時期でどこかのメーカーに対して不買運動が起こる可能性は、ゼロではないと考えます。

  6. 「めんどくさい問題だし無視したい問題」というのが、政治家の本音なんですかね?

    グレーを見てみぬフリをしてきたが積極的には関わろうとしてこなかった。とはいえ最早無視できないほど雇用を作っている。

    積極的に介入すれば違法状態が露呈し、大規模な改革をしなければならなくなる。しかし旨味は少ないし労力のわりには注目もされない。

    マスコミにしてもスポンサーを失いたくない(地方紙はパチンコ屋の広告で持ってるようなもの)。

    だからメーカーが横暴だろうが何だろうが、政治家としては知らんぷりするだろうから、結果メーカーの言いなりになるしかない。

    仮に組合で対抗しようとしても、逆に「大事にするな!」と遠回しに忖度(笑)されるかもしれませんね。

    • ゴンザレス さん

      漢字が読めない若手社員まで「忖度」という字を読めるようになった今日この頃・・・

      さて、警察庁側の本音は、それこそ忖度するのであれば、

      「細かい事、突っ込まないでくれよ」
      「全部法規に照らし合わせると、この業界無くなっちゃうぞ」
      「細かくチェックしろと言われても、俺らのメインは治安維持であってパチ屋の相手じゃない」

      ・・・こんな感じでしょうか。

  7. そもそも検定基準はメイン基板と出玉性能のみだったと記憶しています。
    従ってサブ基板についてはプログラム解析による検定等は一切ないので
    不正基板…というよりもメーカー自身が不正をしても検定を通ってしまう
    (営業時間内に出玉性能を特定手順で変更することが事実上可能)
    ことが問題だったのかなと思います。

    1例を上げるならミニキャラのウルトラマンでしたっけ?特定役を引くと
    サブ基板側は設定6状態になるってやつでしたよね。

    • かっち さん

      ホール側の人間は、プログラム上の事やゴト師が行うような解析/改竄の事情については詳しくないですね。
      セット物の不正基板が出回るのは昔からで、実際のところどれくらいの人数の闇の勢力がその手順を知っているのか、
      いつも気になっています。
      まあ、そんな情報も、やはり実情は分からない、だからこそ怖い事案と言えます。

  8. >もちろん、いかなる状況であっても、打ち手側は悪くないので、やる気がある営業で楽しませてくれるお店で遊ぶ権利はあります。

    現状がこんな惨状になったのは、むしろ打ち手側の欲が全てだと思っています。

    昔は連チャンすればラッキーだったのがいつの間にか連チャン性能が求められ、現在ではついに甘ですら連チャンすれば大勝・しなければ大敗とパチンコの本質が全然違う物になってしまったのはユーザーの欲からですからねぇ。
    遊べてた昔みたいに低換金LN制(一回交換制)のままだったら、10万勝ちもなかったでしょうが1万円が紙くずみたいに消える現状もなかったと思います。

    もっとも今更(警察が最終的に狙ってると噂される)80年代のパチンコに戻ったところで当時のユーザーはとっくになく今のユーザーは離れるだけで業界が瓦解して終了なんでしょうけどね。

    人様のブログで放言的な書き込みお詫びしますm(_ _)m。
    ただ昔の遊べる時代に戻って欲しいと切に願っているもので、、、

    • ひゅるる さん

      たしかに、生活できるくらい勝たせるお店じゃないと、全部ボッタ店みたいな感覚の打ち手も多くなってしまっていますね。
      また、パチ屋がこう言うとなかなか通りませんが、本来は遊技であるはずのものが、仕事でもあるかのように扱われている風潮も、それを助長しているかと思います。
      打ち手が打ち手を雇い、自分たちの利益を最大化するために取れるだけ取る。
      ここにはもう、一般の打ち手が気楽にフラリと来店して遊べる台が存在する余地は少なくなっています。

      じゃあ、ルールで縛るか、という方向に行くと、どんどん殺伐としたホール風景が広がる一方。。。

コメントを残す ※【送信】ボタンを押して頂くと、即時反映されます。読者の皆さん同士での遣り取りでは「>お相手名」表記して頂くと分かり易いです。※同じツリー(入れ子)内では最大10件までの遣り取りが可能です。