スロット電波ゴトは携帯電話でも実行できますか?-回答

今回は、ゴト行為に関してのご質問に回答させて頂きます。

 

アルバロレコバ さんからのご質問

楽太郎さんはじめまして。

いつも勉強させて貰っています。

 

私はスロ打ちの養分ですが、最近の記事を読ませてもらい一点気になる事がありましたので質問させて下さい。

 

鬼浜の記事で、昔の鬼浜では手軽に手に入る器具を使って無限ARTに突っ込む不正があったみたいな話がありましたが、今でも”電波ゴト”というのを業界ブログで見かける事があります。

 

この電波ゴトですが、例えば身近にある携帯電話とか、そういうもので行えたりするものなのでしょうか。

 

なぜこんな事を聞くかと申しますと、近所のホールが、台の棚のところ(レバーやボタンがついている、少し出っ張った部分です)に物を置いていると、それが何であっても注意され、理由を聞くと、「電波発信機などを使われる可能性があるから」との事です。

 

ちなみに、子役カウンターとかでもNGです。

 

大掛かりな器具ではなく、そんな手軽にゴトができる台ばかりなら、セキュリティー面では相当甘いと思うのですが、実際のところやろうと思えば電波ゴトのようなものは簡単にできたりしてしまうのでしょうか?

 

私はもちろん試したりしませんので、そういった事情を教えて頂きたく存じます。

________

ここまでが、お問い合わせフォームからのメールでのご質問内容全文です。

 

それでは、回答です。

 

回答

まず、ご質問のきっかけになった記事は、こちらですかね。

 

【参考】2017年3月7日公開

『鬼浜爆走紅蓮隊-愛情恋歌編が4月に出て来る訳だが・・・約7年前のゴト行為の思い出』

 

こちらは、業界内での分類上は、電流で負荷をかけて基盤を誤作動させる「ショートゴト」と呼ばれるものであり、今回のご質問とはまたちょっと違います。

 

しかし、打ち手の皆さんにはそこらへんの細かい違いは別に関係なく、「遊技機に対して、何かしらの不正アクセスをする行為」を、全てひっくるめて「ゴト行為」と捉えて頂いて構いません。

 

それでは、

 

「やろうと思えば、携帯電話などの身近にあるもので、簡単に電波ゴトは行えるのか?」

 

このご質問に対して、回答して行きたいと思います。

 

厳しいハウスルールについて

まずはじめに、ご近所のお店が、そこらへんの牽制/防止のためのルールが凄く厳しいという事についてですが、これは打ち手の皆さんにとっては「そこまでやる必要なんかないだろう」と思う事でも、お店側の者、特に私のような40代以上の管理職にとっては理解できるというか、必要な措置と言えます。

 

理由は、若い時に、ホール現場で嫌というほどゴト行為を見てきたからです。

 

今回の話題の電波ゴトに関しても、私が20代の頃だと、パチンコの電チューの誤作動を誘発させようと試みる輩が居たり(成功率までは分かりませんが…)、まあかなり沢山の事例というか、それこそブログ記事になるようなネタを持っています。

 

これは、私と同世代の業界人なら、皆そうだと思います。

 

それでも、ちょっとした物品でもスロット筐体に接触させると注意して来るのは、やり過ぎだ、という意見もあるでしょうが、電波ゴトに使用するような器具は、手軽な物品に収納してホールに持ち込む事が可能なサイズの物なので、そのお店の監視体制は私としては十分理解できます。

 

より細かくお話しすると複雑になってしまうので割愛しますが、電波発信系(赤外線照射含む)、ソレノイド系(釣り糸使用含む)、体感機系、アナログ系・・・こういった色んな種類のゴト行為がある中で、それらに使用する器具の多くは

 

  • タバコの箱
  • ウェストポーチ
  • 靴(靴底の内部)
  • 衣類の中(袖口、ズボンなど)

 

こういった、実に身近な物品の中に隠してホールに持ち込む事が可能です。

 

なので、そのお店の厳しいルールについては、どうか大目にみてあげて頂きたいと思います。

 

今では、そこまで頻繁にゴト行為を目にする機会はなく、そういった観点では業界は健全化して行っているとも言えますが、やはり私くらいの世代だと、接客意識はもちろんですが、それ以上に不正監視意識を強く持っている管理職が多いのは事実です。

 

【参考】2017年1月23日公開

『厳し過ぎるハウスルールにムカついています-回答』

 

電波ゴトって?

次に、本題の電波ゴトについてお話します。

 

まず、携帯電話などでもゴト行為が可能なのかについてですが、私に関しては携帯電話程度の物で遊技上なにか不具合が発生したとか、そういう事例は聞いた事がありません。

 

ただし、トランシーバー的な物であれば、液晶画面表示に異常が発生したという事例は耳にした事があります。

 

また、それらの使用で、データランプなどの周辺機器の動作に、影響を及ぼす場合はあります。

※専門知識までは無いので、何メガヘルツ以上ならどうなる可能性があるとか、そういう事までは分かりませんので、ご容赦願います。

 

それでは、最近でも被害情報が出回っている、化物語の電波ゴトを、実例として紹介したいと思います。

 
超倍々

参考:超倍々CHANCE 

 

化物語の電波ゴト事例

以下で紹介するのは、九州エリアの知人のお店での実例です。

※監視カメラ等で確認できた一連の様子との事です。

________

 

男性Aが来店。

スロットコーナーを一回りし、バラエティーコーナーにあった化物語に着席。

 

②Aが遊技開始(1,000円分=47枚のメダル貸し)。

 

男性Bが来店。

スロットコーナーを一回りし、Aが遊技する化物語付近でぶらぶらする動きをみせる。

 

男性Cが来店。

スロットコーナーを一回りし、島端のメダル計数機付近から周囲を見渡す素振りをみせる。

 

⑤Aが遊技している化物語の、左隣にあたる●●(機種名)にBが着席。

 

⑥Bが、紙幣投入するような素振りで、右手を化物語の盤面(「解呪の儀」~左リール付近)にかざす。

 

⑥Cは、島端でスタッフの動きを見ている?

状況によっては、話しかけたりして、注意を引く役割に見える。

 

⑦その間、Bは約5秒間、右手を盤面左側に当てる素振りをする。

これを、3回繰り返した直後に、エラーが発生(台枠発光&エラー音発生)

ここまで、男性A、B、Cが来店してから約6分間の出来事。

 

⑧エラー発生の直後、AとBは退店。

Cは、1分ほど店内の様子を窺う素振りを見せる。

 

⑨約15秒後に、スタッフがエラー発生に気付き、リセット解除。

エラーコードは「E1」

 

⑩スタッフは遊技客を探すが、見当たらない。

その場を離れようとする。

 

⑪スタッフに、近くで遊技していた常連客が話しかける。

※この時の会話内容は、「オッサンが座って、いきなり超倍々に入ったと思う」といった状況報告であったとの事。

Cは、この時点で退店。

 

⑫時間帯責任者が現場到着。

画面上では、獲得枚数9,999枚、超倍々チャンス状態であった。

電源を落とす。

 

⑬閉店後、設定変更したところ、正常に復帰。

 

________

以上が、化物語で実際に起こった電波ゴトの事例です。

 

まとめ

以上、アルバロレコバ さんからの

 

「電波ゴトは携帯電話などでも可能なのか?」

「ゴト手順は簡単なのか?」

 

といった主旨のご質問に回答させて頂きました。

 

さすがに、一般的な携帯電話などで実行できるようなものではありませんが、その程度のサイズの物品に収納してホールに持ちこめる器具で実行が可能で、所要時間は準備段階も含めて数分程度しかかからない事を、実例を挙げながら説明させて頂きました。

 

最後に、ホール側の立場としては、仮に興味本位であっても、打ち手の皆さんは絶対にこのような行為には及ばないようにして頂きたいと思います。

 

裁判/処罰にあたり、法律的にどれが適用されるか、量刑などはどの程度か、といった具体的な事に関しては、それこそ私は法曹の専門家ではないので分かりませんが、業界内では昔から

 

  • 詐取関連(遊技契約違反や、正規の手順以外で玉/メダルを獲得した)
  • 器物損壊関連(プログラムに外部から干渉した)
  • 不退去罪関連(ゴト師の来店はお断りと明示してある事が前提)

 

こういったものが適用される、と言われています。

 

裁判事例など、調べれば色々と出て来るかとは思いますが、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「いきなり超倍々突入か・・・もの凄いハッピータイムだぜ!」、という方は、そっと押して下さい。
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ

にほんブログ村

 

[記事情報]

2017年3月24日公開

コメント
  1. ゴト師が台に影響を与える程強力な電波を発する装置を使う時に、もし近くにペースメーカーを使っているお客さんがいたら・・・と思うと別の意味で怖いですね。

    • ゴンザレス さん

      それは、考えた事がありませんでした。
      たしかに、仰る通りですね。。。
      気付きを与えて下さり、ありがとうございますm(_)m

  2. というか電波か何かを当てるだけである一定のメリットがある状態に移行するというのがなんかそもそもそういう作りじゃないとありえないと思うわけですが。
    今の時代電波対策なんかはしっかりしたのできると思うわけですし。
    実機は自己完結した作りであるはずですし、データカウンターなんかとデータやりとりするにしてもアナログ回線を使用しているわけであるんでしょうし。
    なんかおかしくありません?普通の機械はどんなチープなものでも電波当たったりしただけでホイホイ妙な挙動しませんよね?ぶっ壊れるならわかりますけど。

    • あげぽよ さん

      遊技機のプログラムや基盤の中身の詳細については、メーカーの営業マンでも詳しくありません。
      本当の意味で遊技機の事を語れるのは、プログラミングなり開発畑の人間だけ、という事になるでしょう。

      そして、そこらへんの情報というのは、ほとんど世に出ません。
      だからこそ、色んな憶測が生まれるのだと思います。

  3. 昔(20年前位だったと思います)、特定の携帯電話の機種で電波ゴトが出来ましたよ(私はしてませんよ(笑))。あるスロット(機種名失念)の下皿にその携帯を置いて着信させるか通話状態にする(たしかどちらか、もう覚えてませんが)と、フラグが立つとかだったと思います。

    キチガイドとか攻略マガジンに書いてあって、(この機種の携帯だとイケるんだー)なんて思ったものです。

    • ジャグキチ さん

      そんな事があったとは、知りませんでした。。。
      ただ、正規に出版している攻略誌が、そういう情報を載せるのはモラル違反ですね。
      ユーザーに逮捕案件ともなる不正行為を紹介する訳ですから。
      いくらメーカーに手落ちがあるとはいえ、それを見つけたら事務的に通知してあげるのが筋かと思います。

コメントを残す ※【送信】ボタンを押して頂くと、即時反映されます。読者の皆さん同士での遣り取りでは「>お相手名」表記して頂くと分かり易いです。※同じツリー(入れ子)内では最大10件までの遣り取りが可能です。