第二次撤去リスト公表

検定時と異なる釘の状態で販売された可能性がある遊技機=「不正」遊技機の撤去問題で、動きがありましたのでご紹介します。

つい1時間ほど前に、第二次撤去リストが公表されました。

内容的には第一次と同様に、具体的にいつまでに撤去するのか、各メーカーの対応(買い取り価格等の提示など)がどのようになるかなどが明示されていないただの機種名リストに過ぎないものであるため、ホール関係者が本当に知りたい内容には程遠いものになっています。

 

第二次撤去リスト:機種名一覧

CR押忍!空手部激闘編XNA 38台
CR仮面ライダーV3H5 2,375台
CR蒼天の拳HTVA 472台
CRアラジンTURBO HT 71台
CRスーパー海物語IN沖縄3HME 75,954台
CR春夏秋冬極上粋な祭りだ!わっしょい! 978台
CR交響詩篇エウレカセブン真の約束の地ZG 1,936台
CRデッドオアアライブBL-T 120台
CRひぐらしのなく頃に頂BL-V 310台
CR薄桜鬼BL 30台
CR鋼殻のレギオスZ2 58台
CRビートエックスKXA2 32台
CRKING of KEIBA FPF 36台
CRPROJECT ARMS FPFZ 80台
CRルパン三世7H9AZ2 5,373台
CR銀河鉄道物語永遠への分岐点MX 35台
CR超シャカRUSH R 206台

上記合計11社 17機種 全国設置88,104台

 

この時点で、中古機としての流通は終了し、故障時の部品交換、設置期間の延長なども全て不可となります。

 

また何か動きがあれば、記事にしたいと思います。

コメントを残す