今年来たゴト師 例年より少なめ

年の瀬のこの時期、2015年に来店した不正行為に及ぶ輩=ゴト師のことを、ざっくりとご紹介してみたいと思います。

暴力的なものから知能犯、デジタルからアナログまで幅広い不正事案ではありますが、今年は例年よりも件数が少なかったかなと思います。

 

不正事例なぜ減った?

理由は色々考えられますが、概ね下記のような感じではないでしょうか?

 

・遊技機の払い出し性能が低下した

➡不正を働いて玉やメダルを詐取しようと試みても、時間効率が悪かったり、費用やリスクに見合うだけの差玉/差枚数が得られない。

不正行為で玉やメダルを出す時間は、短ければ短いほど彼らにとっては安全です。

しかし、現行機のスペックは短時間での差玉や純増枚数がマイルドになってきており、沢山出すにはそれ相応の時間やリスクが付きまといます。

 

・遊技機の不正監視機能が向上した

➡最近の機種、特にパチンコ機はちょっとしたことでも「入賞異常」系のエラーが出ます。また、場合によっては「電波感知」系のエラーが出ることもあります。例えば、きちんとアースを繋いでいないだけでエラーを検出してしまう場合もあります。

敏感になった機械を相手に不正を働くのは、困難になっていると言えるでしょう。

 

・一般客の減少に連れて、ゴト師の数も目減りした

➡特に4円パチンコにおいては、売上、稼動(アウト個数)、遊技客数のどの数値も全国的に減少してまだ底が見えない状況です。

ホール内の客数が減ることにより、高稼動に紛れて不正を働くということが難しくなっているのかも知れません。

物理的に、視界を遮ってくれたり巡回スタッフの注意を引いてくれる一般客が減っているので、彼らにとっては仕事がしにくいことでしょう。

また、データ的にも、事務所でホールコンピューターを閲覧し監視カメラでホール状況をチェックしている管理職も、チェックしなければならない遊技データ数/客数が減っているので、何かおかしな動きやデータ異常が発生すれば、以前よりは気付きやすいというのも関係しているかも知れません。

 

・不正事例の共有がタイムリーになってきている

➡全日遊連や日工組など、全国のホールが関わる組織からの不正事案の発生情報提供が、十数年前よりもスピーディーになっています。

この機種でこういう不正があった、この機種に不正を試みるとこのようなエラーが出る、不正基盤の外見はここが正規品と異なるなど、実際の画像などを元に情報提供されるので、監視意識を高く保つことが出来るようになっています。

 

・不正を働く対象が、パチンコ店から他へと移った

➡頭や体を動かさないでお金を得ようとする輩、時間拘束されてお金を得るのが嫌な無頼系の輩は、以前はパチンコ店を標的にしてきましたが、今ではweb系の裏稼業(アダルトサイト不正請求など)やお年寄りを狙った訪問販売、老朽化した家屋の改修詐欺、オレオレ詐欺などに手を染めるようになり、そのせいでゴト師が減少したとも言えるかと思います。

 

私見では、この理由が一番大きいのかな、と思っています。

 

他にもあるかとは思いますが、大体はこんな感じかと思います。

 

実際のところどうなのかは、ゴト師たちに聞いてみないことには分からないですからね。

ゴト師監視

不正監視強化!

今年の不正事例一覧

以下で、私が管理しているお店(3店舗)で今年実際にあった不正事例を簡単にご紹介します。

※そもそも、しっかり巡回、監視して未然に防げよ!というお声もあるかと思いますし、こうやってご紹介するのも立場的にちょっと恥ずかしいのですが、自戒の念も込めて書いていきたいと思います。

 

・くぎ曲げ2件

➡上皿から爪楊枝、1円玉を投入し、カセット(発射台に1個ずつ玉を送る部品)を詰まらせた。

スタッフを呼び、ガラス枠を開放させ、遊技台下部に注意が向いて混入した異物を取り除いている隙に、指で要所の釘を押し広げた。

スタート等の諸数値がハネ上がったため事務所に居た管理職が気付き、遊技台を見せて頂くように声掛けしたところ逃走。

 

羽根物のステージ内アウト口塞ぎ1件

➡CRAデビルマン倶楽部の上皿からタバコの包装ビニールの一部を投入し、カセットを詰まらせた。

スタッフを呼び、ガラス枠を開放させ、遊技台下部に注意が向いて混入した異物を取り除いている隙に、羽根が拾ってステージ内に入りV入賞口に向かう経路の左右にあるアウト口の右側の方にタバコの包装ビニールを詰めて塞ぎ、V入賞する確率を上げようとした。

ステージ内の右側に玉が乗っている状態を不審に思った巡回スタッフが声掛けしたところ逃走。

※ビニールの詰め方が雑だったため、うまくV入賞口に玉を誘導できなかった模様。

ビニールに玉が引っかかってしまい、常にステージ内の右側に1~3玉が滞留する状態となり発覚。

 

・不正電波発信(の可能性あり)1件

➡ゴッド凱旋のある台にて、壁役と思われる2名が視界を遮り、その隙に遊技者が左手で遊技台上部に黒い物体を接触させた。

その直後、その遊技台のデータランプが異常検出して、周囲のデータランプも連鎖的に巻き込み4~5台同時に異常点滅した。

想定外の出来事だったようで、すぐさま全員逃走。

 

こんな感じでした。

 

2014年はモンスターハンター月下雷鳴で遊技台を破壊され(左側をこじ開け異物挿入を試みた)、機械代の実損を被ったのに比べれば、2015年は平和な一年だったと言えるかと思います。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

 

コメント頂ける方は、こちらからお願い致します↓

コメントを残す ※【送信】ボタンを押して頂くと、即時反映されます。読者の皆さん同士での遣り取りでは「>お相手名」表記して頂くと分かり易いです。※同じツリー(入れ子)内では最大10件までの遣り取りが可能です。