不良客の画像 などを共有している業界専用サイトがあるのか?

2015年10月17日(土)

「二郎」さんからのお問い合せ

 

パチンコ業界にも金融機関のブラックリストみたいな情報照会サイトがあって

不良客の画像 とか共有してるって本当ですか

 

店から怪しい打ち方してると思われただけで顔写真アップされるようなら

むちゃくちゃ嫌というか訴訟問題なんですが

回答

二郎 さん、お問合せ頂きありがとうございます。

 

結論から言わせて頂くと、情報共有サイト(データバンク的な企業)は存在します。

 

誤解を生まないようにすぐさま補足させて頂きますが、下記のようなケースでは情報共有されることは無いのでご安心下さい。

・止め打ちや両面打ち、オーバー入賞狙いなどの技術介入遊技をする人

・軽度のハウスルール違反を犯した人

・数個、数枚程度(店員に見つからない程度)の他店玉/メダルの持ち込み

・オカルト的、個人のジンクスによる変則遊技をする人

※画面に手をかざして魚群を呼びこんだり、デモ画面を表示させて台を休ませるなど

 

まあ、この程度では問題視することはありません。

 

一方、情報共有される可能性が高いのは、このようなケースです。

・本来パチンコスロットには無関係なはずの器具を使用するなど、悪意を持って来店した人

・カードの窃盗など、他のお客さんが不利益を被るような悪辣な行為に及んだ人

・不正(ゴト)行為におよんだ確たる画像証拠などが残っている人

・他店玉/メダルの大量の持ち込みや、常習犯として証拠が残っている人

 

つまり、線引きとしては、ちょっとした不良客といった類ではなく、不正行為に及んだか否かが基準になる場合が多いです。

 

これは、業界内で不正行為が蔓延しないように、業界人・管理者同士で共有し、各店舗の営業現場で目配りを強化したり意識付けをするという観点からも、意味があることだと思います。

 

参考:どんなサイトが存在するのか?

業界内で情報が共有されているサイト(或いはデータバンク的なもの)にもいくつか種類があります。

①パチンコ店が加盟している組合が運営するサイト

②大多数のお店が登録しているP-WORLDの専用掲示板

③不正行為の事例を保有する遊技機セキュリティ管理企業

④メーカーや販売会社

 

大まかにみて、この4つだと思います。

 

それでは、それぞれについて解説していきましょう。

 

①組合が運営するサイトに、情報共有用のログインページがあります

一例として、ここに、東京都遊技業協同組合(通称:都遊協)のHPがあります。

 

このHPでは、エコに努めます、ファン感謝デーを実施します、2020年東京オリンピックに向けてWi-Fi環境を整備します、社会貢献活動の紹介といった、東京都内のパチンコスロット店全体としての取り組みを紹介しています。

 

そのHP項目の中に、「組合員専用ページ」へのリンクがあります。

 

この専用ページにおいて、不正行為の情報、その手口や犯人といった、確たる証拠を基にした上での情報の共有が図られているというわけです。

 

 

②P-WORLDには、業界専用の掲示板があります

パチンコスロット店のHPといえば、なんといってもP-WORLDが有名ですよね。

 

現在は規制の関係上、HP上で積極的にイベント情報を公開する機会は無いのですが、堂々と告知して良いとされている新台入替の情報や、設備面での充実をアピールしたいお店なんかは、毎日しっかり更新しているようです。

 

登録しておくにあたって、月々の費用負担はありますが(ちなみに、最初の頃は無料でした)、別に大した額でもないし特に発信したい情報が無くても取り敢えずは登録しているというお店がほとんどです。

※東日本大震災の前後に、広告代理店の営業マンに聞いたところ、登録していないお店は全国で300店舗前後という回答でした。その後は業界の状況が急速に悪化して閉店したお店もたくさんあるので、この数字も変化していると思います。

 

さて、このP-WORLDのHPですが、PCで閲覧したときに、一番末尾のところまで画面を見たことがあるでしょうか?

 

大体のお店は、HPの最後の方に「設置機種」や「設備」、「求人情報」、「責任者からの一言や企業理念」といったことを記載していると思います。

 

さらに、その下、「メンテナンス」というボタンが表示されていますよね。

 

ここからパスワード入力画面にリンクし、お店ごとに設定してあるパスワードを入力することでお店ごとの管理画面へとログインすることができます。

これがその管理画面の一部です。

管理画面

管理画面

 

「HP内容の修正更新」、「求人設定」、「メール送信」、「お客様へのアンケート」といった項目の中に、「画像掲示板」、「ホール間交流掲示版」、「ホール業界チャット」というものがあるのが見えるでしょうか?

 

ここで、業界人は色んな情報を共有することができます。

 

だいぶ前はチャット参加者も適当数いたのですが、ここ数年は廃れてきているように思います。

 

掲示版の方は、今でも結構な書き込みがあり、お題(スレ)によってはかなり賑わいます。

 

キャリアが浅い管理者なんかは、ここでトラブル対処法の質問をしたり、来月どの新台を購入する予定かといった意見交換が行われていたりします。

 

また、仕事とは全く関係ないスレを立てる管理者も結構いて、ごくたまにですがセンスのよい書き込みがあったり、笑わせて貰ったりします。

※競馬の話題や、経営者への文句なんかも見受けられます。

 

こういった内容の中に、「こんな不正行為やられたから注意しろ!」とか「手口について」といった書き込みが混ざっているというわけです。

 

さらに、その不正行為の画像や、犯人と特定できた者の画像などがある場合は、「画像掲示板」に書き込まれます。

 

上位の管理者でないと、こういった場で個人画像を公開する権限を持っていないので、わざわざここにupするということは、その情報の信憑性は高いと思っています。

 

私が管理しているお店のひとつで、スロット化物語の電波ゴトと疑わしい事例があり、この画像掲示板での注意喚起を検討したこともあります。

※その時は、決定打となる証拠がなかったので結局upしませんでした。

 

③遊技機セキュリティ管理企業がデータを保有していることもあります

以下は、神奈川県下のあるお店で実際にあった事例です。

 

ある日、半年くらい前に設置したモンスターハンター月下雷鳴で万枚オーバーの差枚数が発生しました。

設定状況は、連日設定1を打ち変えて使用していました。

 

閉店後、店長は、今日はだいぶ甘く動いたなあと思いながら、明日の設定を打ち変えます。

 

その時、何か違和感を感じました。

 

ドアの開放時、異音がします。

よく見ると、筐体の左側上部に、異物を挿入してこじ開けたようなキズが付いているではありませんか。

 

また、筐体内部、ドア側に設置してある基盤のハーネス部分に、焦げ付いたような痕跡が残っているようです。

 

嫌な予感がした店長は、付き合いがある遊技機のセキュリティ管理会社の営業マンの携帯を鳴らします。

返ってきた応えは「他店でも事例があり、最近流行っている基盤ショートゴトの可能性が高い」でした。

 

やられた!と思った店長は、監視カメラで確認したところ、営業マンから伝えられたような状況が目の前にありました。

・スロットコーナーを巡回しているスタッフに長話を持ちかけて注意を逸らす役割の者

・左隣の席に座り、壁となり視界を遮る役割の者

・筐体左側上部を器具でこじ開けて、異物を挿入、基盤をショートさせてATを強制的に発動させる役割の者

 

3人1組での不正(ゴト)行為でした。

 

翌日、その営業マンが資料持参でお店に来てくれて、他店から提供された事例を見せてくれました。

これ以上、このような不正行為が横行しないように、店長は自店の監視カメラに移っている3名の画像と手口、発生した日時、被害状況などを営業マンに提供しました。

 

情報提供を受けた営業マンは、取引先の各店舗に訪問する際、他店での事例としてこのデータを持参し、注意喚起をしました。

 

④メーカーや販売会社が情報を持っています

メーカーとしては、自社製品のことなわけですから、当然その手の不正情報のチェックは迅速です。

 

まあ、製造する段階で物理的にも電波的にも外部からアクセス不能な筐体にすれば良いのですが、日々設定変更したりメダル補充や清掃などを行うことが前提になっている以上、完全に密閉した仕様にすることは不可能です。

 

不正行為に及ぶ輩は、この製造上のちょっとした隙間から異物を挿入したりや、ボタンを取り外したり、基盤付近に強い電波を飛ばしたり、電子ライターを使用して誤作動を誘発したり、ありとあらゆる手口で玉/メダルを取り出そうと試みます。

 

主に自社製品に対する不正事例ですが、営業マンはこのような事例があるといった具合に、取引先のお店に情報提供するわけです。

 

とはいえ、私は、実際に不正行為に及んだ時の動画や犯人とされる人物の画像などをメーカーや販売会社から見せてもらう形で注意喚起されることはほとんどないので、全メーカーがそういった形式でデータを沢山保有しているわけではないようです。

 

 

ざっと書いてきましたが、二郎さんいかがでしたか?

十分な回答になっているでしょうか?

少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

コメント頂ける方は、こちらからお願い致します↓

コメントを残す