インフィニットストラトス設定6 営業データ公開

前回、ISインフィニットストラトスについて書いた時に、今後も根気強く設定6を使ってみて、本当に出ないのかどうか検証するという結論に至りました。

参考:「IS設定6 営業データ公開」

 

今回は、その後の経過について書いてみたいと思います。

1:設定1~設定4の挙動について

まず、一通りの設定は使ってみたのですが、設定1~4ではまるで勝負にならないというデータです。

スランプグラフを見ても、奇数なのか偶数なのか、設定1なのか設定4なのかの傾向すら掴めないです。

 

一つだけ共通していることは、とことん出ない、ということくらいでしょうか。

※据え置こうが毎日打ち変えようが、低い時は出率70%台前半、高くても95%程度で、どうやっても負けるような感じでした。

 

web上でもかなり叩かれていて、ここまで評判が悪い機種も珍しいですが、この悪評も頷けるというものです・・・

 

それでは以下で、かろうじて勝負になるであろう設定5と設定6の営業データ(抜粋)を順にご紹介していきます。

インフィニットストラトス

極辛との噂は…

 

2:設定5の営業データ(抜粋)

  IN枚数 差枚数 出率 台売上
sample:1 15,500 -850 101.95 45,000
sample:2 22,200 1,050 92.05 58,000
sample:3 21,800 -1,800 106.15 28,000
sample:4 13,500 -1,650 105.85 11,000
sample:5 18,500 500 94.00 32,000
sample:6 20,500 -1,500 105.00 8,000
sample:7 19,200 3,450 84.50 78,000

スランプグラフの傾向は、特にありません。

 

ただ、設定1~設定4と少し違う(ように見える)ところは、出率100%のラインを行ったり来たりする展開が目立ち、ひたすら凹んでいくような展開にはなりにくい(ように見える)という点です。

 

一応、高設定ということで、それなりの出率にはなるのかな、という印象です。

※それなりの出率になるまで5万円も使うのか、というツッコミ処もありますが・・・

 

次に、お待ちかねの(別に待っていないという声もありますが)設定6です。

 

3:設定6の営業データ(抜粋)

  IN枚数 差枚数 出率 台売上
sample:1 23,500 2,850 87.15 75,000
sample:2 22,000 1,950 88.05 58,000
sample:3 21,000 500 79.85 38,000
sample:4 20,500 -1,850 108.85 22,000
sample:5 20,500 -1,700 109.20 7,000
sample:6 21,500 -500 101.00 11,000
sample:7 14,000 -950 106.91 32,000
sample:8 17,800 600 95.55 47,000
sample:9 20,200 550 96.45 29,000
sample:10 16,800 -1,950 109.50 20,000
sample:11 19,200 3,450 84.50 78,000

スランプグラフの傾向は、設定5の時と同様に、出率100%ラインで揉む展開が目立ちます。

 

また、3~5万円分くらい吸い込んだとしても、20,000枚くらいの稼動(IN枚数)になると適当にはハネ返ってくる感じで、最大凹んだ時と最大ハネ返った時の幅を取れれば3,000枚くらいの獲得にはなるようです。

 

ただし、売上をご覧頂けると分かる通り、最高設定といえどもかなりの投資を必要とします・・・

 

4:結論

私としては、巷で言われているほど出ない機種ではないと思いますが

・適当な出率になるまでの投資金額が多過ぎる(要する時間も長すぎる)

・設定変更後に甘くかかってそのまま出続ける展開は望めない

・最高設定で連日据え置いても、どこかで爆発する展開は望めない

・最大幅を取れても、3,000枚程度しか望めない

 

このような分析です。

 

なので、設定5と設定6なら適当に出せるけど、どちらも勝てない、と結論付けます。

 

今回はこのへんにしておきます。

 

コメント頂ける方は、こちらからお願い致します↓

コメントを残す ※【送信】ボタンを押して頂くと、即時反映されます。読者の皆さん同士での遣り取りでは「>お相手名」表記して頂くと分かり易いです。※同じツリー(入れ子)内では最大10件までの遣り取りが可能です。